Radical Angler's Talk

<   2009年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

I've returned.

まず、一部の方々。
ご心配かけて申し訳ありませんでした。個人的にかなりショックだったもんで、余計なこと書いちゃいました。スミマセン。

実は1週間ほどシャバからご無沙汰しておりました。本日放免になりましたが、今回は実にやばかったです。一つ間違っていたら、ここでこんな風にのんきに戯言を書き連ねている場合ではなかったです^^;;;

今後は改心します。とりあえずタバコの箱に娘の写真貼り付けました(笑)
b0032262_2035210.jpg
西寒多神社の藤棚です。今年はちょっと遅れちゃいましたが、咲いていてくれればとりあえずOK。

生命に溢れてますね。今の僕にはそれまぶしく見えまする。
by rionpapa | 2009-04-27 20:08 | 戯れ言

調子に乗って・・・

オークションでオーダーしたシュリンクチューブが届きました。収縮完了温度が不明だったのでちょっと心配していたのですが、特に問題なく一安心。径1mmってフライ関係の流通では流れていない気がしますけど、#2~4くらいはこの径の方がうまくいきました。

嬉しかったもんですべてのリールに巻いてあるラインにループ作りましたwww

いろいろ試してみるとラインの種類によって作業性や仕上がりにかなり差があります。シュープリームはすぐ焦げるとか(笑) エアフロはあっという間に溶けちゃうのでヒートガンからかなり離して作業した方がいいぞとか。Ultra4はまあやりやすいです。一番簡単だったのは条件出しさえしてしまえばエアフロのリッジをはじめとするポリウレタン(でしたっけ?)がきれいに仕上がりますね。おもしろかったのはUltra3と4ではおそらく「焦げやすさ」に差があるみたい?ってこと。やっぱり材質も異なってくるんでしょうか?

お店に機材置いておきましたので、興味のある方はどうぞ。はっきり言って渓流で使う低番手はガイドに引っかかるのが気になる人は耐えられないと思います(僕は基本的にそういう人)が、それを補うティップの浮力が得られます。この辺のトレードオフは各自ご判断を。
一見繊細な釣りの場合には問題大きいとか思われるかもしれませんが、個人的にはむしろ繊細なマッチザハッチの釣りをするような場合、リーダーのバット径も小さくなりますから気になる率も低いしティップ沈まないしでメリット大きいんじゃないかと思ってます。
高番手は知る限りこれがベストだと思います。特にシンキングリーダーとか多用する人はいいと思います。
あ、そういえばポリリーダーも溶着してみましたけど、問題なくできました。これも先端のモノフィラを結んでループにするよりはいいと思います。

夜は気持ちのよい日だったので庭でバーベキュー。ランタン出しておニューのランタンポール使ったんですが、試しに使っていない水槽用のメタハラライトを2階のベランダから照射してみたら明るすぎて雰囲気ぶちこわし(笑)
b0032262_2271788.jpg
やっぱりランタンの光はいいわ~。

さて、ここで告知です。4/25に大野川漁協のエノハ稚魚放流があります。一般の方の協力要請がありました。多分稚魚受け取って好きな場所に放流すればよいので、育てたいポイントがある方はいかが?
4/25 AM9:00 竹田の文化会館に集合です。

さて、明日は義兄と日之影だ~。



Police - Message In A Bottle
先日BSでライブの放送があったので録画して何度も見てます。多くは語るまい。好きです。こりゃ売れるよねぇ・・・。
by rionpapa | 2009-04-18 22:28 | Fresh

溶着ループその後

あの後いろいろテストして、どうやら使えそうと判断できたので本格的に取り組むことにしました。

まず、熱収縮チューブが黒だとどの程度溶着できたのかがさっぱりわかりません。そのため熱をかけ過ぎて中のコアまで溶かしちゃうことがあったので、これは透明なものが必須のようです。

さらに調べてみると、モノコアタングステンコートのラインは溶着しにくいため、ラインとチューブの間に接着剤代わりのPVCフィルムを挟むとよいらしいということがわかりました。

そんなこんなでとりあえず通販にて透明のシュリンクチューブとPVCチューブを購入。
b0032262_21171034.jpg
早速試してみましたが、これだとやっぱり溶着具合がよくわかるので失敗が断然少なくなります。

ついでにPVCチューブを挟んだものも試してみました。これはラインそのものは熱を遮られて溶着しにくくなってしまいますが、PVCが溶けて接着剤の代わりをするので問題なさそうです。(下の写真真ん中)
b0032262_21171958.jpg
いよいよ本番第1弾としてシーバス用の#8フローティングラインを溶着してみました。バッチリです。(写真上段)

これまではソルトのラインだとよつあみのダイニーマノット使ってブレイデッドループを自作したりしていたのですが、いや~、世の中便利になったもんだ(^^)

どこかで時間見つけて手持ちのラインを片っ端から溶着ループバージョンにしてやることにします。

ところで今回購入したシュリンクチューブは大体1mくらいの長さで252円でした。だけどヤフオクあたりを調べてみると、1mm径からあって1mが50円です^^;

早速各サイズ5mほど落札してみました。
そんなにライン持ってないですけど^^;;;;;

興味のある人は、自前分のけりがついたらお店で試せるようにしておきますので試してみてくださいな。
by rionpapa | 2009-04-15 21:31 | 物欲

Floating

気をつけているんだけど、そんな機会はそうそうないもんだから次の機会にはすっかり忘れてるってことないですか?

そういうのにはまったんです、今日。

今日は娘の入学式でした。基本的にこういう式は苦手なんですが、娘のこととなればそういうだだをこねても仕方ないので素直にスーツ着て家族で出かけました。そう、スーツ。

普段は会社にもGパンという超ラフな生活のため、スーツというのは本当に苦手です。もしリストラされて次の職探すとしたらどんな条件よりもスーツ着なくていいことっていうのが最優先かもしれない(笑)

で、このスーツ、僕には悪癖がありまして、それがスーツの着用時、2回に1回はズボンのファスナーを閉め忘れるという・・・^^;;;

なんでなんですかね? 自分で考察するに、やっぱりその後に続く「ネクタイ結ぶ」っていう独特の作業の前に緊張してしまうんですかね?

そういうわけで、今日もやってしまいました(笑) 小学校に早めに着いて、いろいろ写真を撮ってました。そこに幼稚園からのつきあいがあるご近所さんが来て談笑していたら、嫁さんが意味ありげに顔を寄せて「開いてる・・・。」と(笑) 最初は意味がわからず「ん?」と聞き返したんですが、聞き返した瞬間にすべてを悟ってさりげなく閉めました(笑) 
ところが談笑していた奥さんが嫁さんの意味ありげな耳打ちに「え? なに? どうしたの?」と追求してきたのには参った^^;;;
b0032262_20251683.jpg
そんなハプニングがありましたが、娘は特にハプニングもなく無事小学生になりました。

ところで全然話は変わりますが、ついにSAのフライラインも先端にループが付くようになりましたね。僕は今までリーダー差し込み瞬接固定経由のスプライスネイルノット派だったのですが、最近ちょっと宗旨替えしつつあります。渓流のフローティングラインに限って言えば、ラインの浮力はあればあるほど嬉しいです。できることなら浮いていると言うよりは水面に「乗っている」状態の方がメンディングをはじめ何かと都合はよいですよね? ところが問題になるのはティップ部分で、いくらベリーが浮いていてもここが沈んでいては話になりません。近年SAではDTTとかいってティップ部の浮力を謳っていますが、これって要するにターンに影響を及ぼさない程度にティップを太くするって事では? 実際体感できるくらいにティップは沈まなくなったと思います。
平行してエアフロのリッジを使っていますが、こっちは溶着ループが最初から付いていました。試しにこのまま使ってみると、どうもSAのラインより浮く気がします。最初は「さすがリッジ」と思っていたのですが、ひょっとして溶着ループ部が太いために浮力が稼げているのでは? と思い至りました。そこで試しにループをチョッキンして使ってみると、確かに浮力は落ちます。どうやら溶着ループがティップの浮力に一役買っているらしいという結論に達しました。

最初はループ部分が重くなるのでターンのコントロールに影響があるのでは? なんて心配もあったのですが、少なくとも僕レベルでは特に問題を感じることもありませんでした。こうなるとリーダー変える度にラインが短くなることもないしいいことずくめかも?

長い前置きになりましたが、となると試してみたくなるのは最近話題(と思ってたけどP-20さんは一昨年すでにトライしてますね^^;;;)の自前溶着ループを手持ちのラインで作製することになります。実は先日#6のエキスパートディスタンスがランニングの始まりのところから何かに引っかかって切れちゃって泣きそうになってたんですよね^^; これでループ作ってシューティングヘッドに改造することにしました。

早速DIY店の電気コーナーを物色して熱収縮チューブを買ってきました。残念ながら黒しかなかったのですが、1.5mm径で1mくらいのが¥114。これを適当な長さに切り、フライラインの先端は斜めにカットしてセットします。
b0032262_20252399.jpg
見えるようにしていますけど実際にはカット部はチューブの中にセットです。

これを炙って溶着&圧着するわけですが、ライターとかでもできなくはないですけど温度が高いので難しいです。そこで登場するのがホットエアガン。
b0032262_20253120.jpg
これで適当に炙ると収縮チューブが縮んでもう一声熱をかけたら完了。端っこからハサミを入れて熱収縮チューブを取り除いたら完成。
b0032262_20253965.jpg
ちょっと熱かけ過ぎで失敗気味ですが、きれいに溶着できました。強度も特に問題はなさそうです。
何よりこの工作っぽさが楽しいです^^

ついでに以前紹介したホットグルーを薄く切ってフックに刺し、これをライターで炙ってアントなんかのボディーを作るやつをこのホットエアガンで試してみました。思った通り、温度が低めなのでゆっくり作業できてこっちも楽勝です。

このホットエアガン、僕は通販で安いの探しましたけど、量販店では7000円~くらいみたいですね。微妙なお値段ですけど、ラインだけじゃなくてアリさんをたくさん作る人なら買って損はないかも?

とりあえず、これでラインの浮力を稼ぐ算段ができてハッピーです。

ところで浮力と言えば、例のエアフロリペルお店に入荷したみたいです。先日ティムコのフライドロップとあんまり変わらないんじゃ?と書きましたけど、前言撤回。やっぱりリペルの方が浮きます。というか、正確に印象を述べると沈まない、ですかね。ラインはポッカリ浮いて欲しいけどフライはいろんな浮き方をして欲しい場面があります。僕的にベストなのは水面にはりつく感じで長持ちしてくれるのが好きなんですが、普通はそのまますぐ沈んでしまいます。

リペルはまさにそういう場面で効くと思います。最初からそれほど高く浮くわけではなく、それが長続き。現時点では一番外せないフロータントになっています。

ただし、あの容器は何とかならんもんだろうか? ^^; 何より余計な場所までかかるのが気に入りません。そこで僕は先日紹介した通り、別の容器に移し替えて使っています。使い勝手いいですよ^^
by rionpapa | 2009-04-13 21:24 | 物欲

灯台もと暗し

明日は娘の入学式。嫁さんに命令されて散髪に行った帰り、ウロウロしていたら九石ドームの下にチューリップ畑を見つけました。
b0032262_21122248.jpg
知らなかった。
b0032262_21124153.jpg
これだけ咲いてたら緒方に行かなくても・・・^^;
b0032262_21164816.jpg
何せ圧倒的にすいてます(笑) 近いから圧倒的にエコだしwww

それにちょっとした丘の上なので立体的な眺望が楽しかったです。
by rionpapa | 2009-04-12 21:09 | Photo

原尻の滝 チューリップフェスタ

毎年恒例の原尻の滝チューリップフェスタに行ってきました。
b0032262_16553832.jpg
僕の目的は写真を撮ること。
b0032262_16554171.jpg
娘の目的は馬に乗ること。
b0032262_16554833.jpg
嫁さんはおつきあい(笑)
b0032262_16555077.jpg
花ってきれいなんですけど、見栄えのする撮り方って難しいですよね。

今年もいろいろ試してみたけどいやはや・・・・・・・。

唯一広角で思い切り寄って撮るのはおもしろそうだと思いました。Upした写真は10mmで花のちょい下から空を入れるように撮りました。さすがにあれだけの人出の中で地面に寝転がる勇気はなかったのでノーファインダー撮影です^^;;;
もうちょっと構図の勉強しないとなぁ・・・。

帰りに竹田に寄ってちょっと川を見てみたんですけど、どうもあそこはまだ行けそうです。恐るべし。
by rionpapa | 2009-04-11 17:03 | Photo

再開

久し振りに自転車通勤を再開しました。
えぇ、今年に入ってからほとんどサボり気味で・・・^^;;;

と言うのも今年になって自転車に乗るとやたらのどが痛くなることが多かったんですよ。いろいろ考えてみると、あ、これはひょっとして黄砂のせいじゃないのかと。
黄砂だけならいいんですけど、なにやら不気味な物質も一緒に飛んできているという話もあったりで、そんな状況でハーハーゼーゼーいってたらむしろ健康に悪いんじゃないかと思ったり・・・・・・・。

というのは言い訳で、単にサボってたんです、すみません^^;;;

4月になったら再開しようと思っていたのだけれど、ようやく事が動き始めました。が、やっぱり衰えてますね。ほとんど一からやり直しです。



ハナミズキ - 一青 窈

自転車で帰宅する道すがら、風もないのに桜の花びらがハラハラと舞っていました。入れ替わるように隣ではハナミズキが咲き始めていました。
by rionpapa | 2009-04-08 00:06 | 自転車

ダルマさん

五ヶ瀬本流に行ってきました。
b0032262_21262225.jpg
今日はtommyさんとご一緒させていただきました。別働隊でWalkerの安部さんとSさん。

案内なんて大それたものではなくて、僕もほんとに攻めるのは初めてに近く、tommyさんが「行きたい」と言ってくれたのでやっとその気になれたというのがほんとのところ。

そして、今回の主な目的はtommyさんにスペイの釣りを見せていただくことでした。

ゆっくりめに出発して現地到着。おぉ~、これはいるよな~とか言いながら、川に降りた瞬間に白旗です^^;;;;
b0032262_21222281.jpg
こりゃ無理ですね。僕にはポイントにフライを届ける術がありません。オーバーヘッドで投げられれば届かない距離ではないかもしれないけど、バックスペースがありません。スペイできないと手も足も出ませんね。そして僕のスペイ技術ではどうにもなりません。

ダルマさんです^^;;;

tommyさんはさすがです。的確にポイントへとフライを流し込んでいきます。
b0032262_2131448.jpg
僕たちが入ったポイントではずーっとライズがありました。が、僕はダルマさんなのですべてtommyさんにお任せ^^;;;
b0032262_21334935.jpg
これは入ったな~と思うこともしばしばでしたが、
b0032262_21345259.jpg
残念ながら魚信はなく。

まぁ、これはちょっと来てサッと釣れるようなところではないな~という感じです。宿題できました。しかし、今回の宿題はバリアが高い・・・^^;;;

僕としては本格的なスペイの釣りを間近で見られただけで大収穫でした。いろいろと疑問に思っていたことも教えていただいたし、おニューのMelvinを振らせていただいて専用ロッドのアクションに驚嘆したり、何よりも実釣を見せていただいてイメージができました。

tommyさん、ありがとうございました。またぜひぜひご一緒させてください。今度は何とか僕も手だてを考えておきます・・・・・って、間に合うかなぁ・・・^^;;;;;
b0032262_21395590.jpg
ねこのあくび」さんの劣化コピーも撮影完了、これでミッションコンプリート。

あ、一つだけ心残りが。

昼食を食べたところでこの辺り名物の「蜂の子」のバター炒めがメニューにあったんですよ。以前からテレビとかで見ていて気になっていたので、一瞬「オーダーしようかな?」と思ったんですが、ちょっと躊躇して止めたんです。そしたらあとになって安部さんも食べてみたかったって話を聞いて、あら~、残念ってことに。

こっちの宿題は次のチャンスで必ずクリアするつもりです。
by rionpapa | 2009-04-05 21:53 | Fresh

ISS

昨夜何の気なしにWebサーフィンしていたら、今日、ISS(国際宇宙ステーション)が大分でも観察できるというのを知りました。観察できるのは19:50から3分間ほど。

夕食を食べて娘と近くの高台へ。

カメラを三脚にセットしたらもう見えていてもおかしくない時間。きょろきょろと空を見回していたら、見つけました!

あわててアングル適当に調整してからリモートレリーズをオン。露出も何もありません^^;;;
b0032262_21231815.jpg
f/4.0 48sec ISO400

ISSは意外なほど速いペースで月に向かって一直線。娘が
「あぁ~! 月にぶつかるぅ~!!!」 (笑)

ファインダーから消えそうになったので撮影した写真を確認。もうちょっと暗くてもいいな。露光時間をちょっと短めにしよう。アングルを変えて再度レリーズオン。
b0032262_213491.jpg
f/4.0 15sec ISO400

最後は真っ白だった航跡が徐々に赤くなり、そして暗くなり、消えていきました。

初めてだったんですけど、おもしろかった~。

ちなみに大分では4/4にも観測できます。天気予報が厳しそうですけど。

4/4
観察可能時間 5分30秒
見え始め 午後7時09分00秒 北西の空低く 11度
最大高度 午後7時11分30秒 西南西の空見上げる高さ 53度
見え終り 午後7時14分30秒 南南東の空低く 10度

明日は別府の温泉祭りで扇山の野焼きがあります(18:30~)
桜は満開だし、写真好きの皆さんは忙しいですね~(^^)
by rionpapa | 2009-04-02 21:12 | Photo

四月バカ

以前HPやっている時にエイプリルフールネタでしてやったりのウソをついたことがあります。
味を占めて毎年いろいろ考えるんですが、もはや私の言うことなど誰も信用してくれないのでネタがありません(笑)

ごく一部で楽しみにしてくれている方がいらっしゃるようですが、今年も不発です。すみませんm(__)m

1年かけてじっくり構想練ることにします^^;

b0032262_2124476.jpg
何の変哲もない下手くそな写真ですが、実はこれは嫁さんが撮影した「僕が人生の難関を克服した瞬間」の証拠写真なのであります。僕的には自分で釣った尺ヤマメの写真以上に貴重です。サイズ的に言えば40cm級でしょうか(笑)

どこにいるか、わかる人には辛うじてわかるかな?



Char - SMOKY
by rionpapa | 2009-04-01 21:28 | 戯れ言