Radical Angler's Talk

<   2009年 02月 ( 34 )   > この月の画像一覧

とあるプロショップでの風景

とあるたってバレバレですが、許可なし強行掲載です(笑)
b0032262_1934162.jpg
さて、
b0032262_19362440.jpg
いよいよですねぇ。
b0032262_19341875.jpg
今年も、
b0032262_19342771.jpg
楽しくやりましょうぞ。

今年はライズの話もちらほら聞いたりでちょっとは良さそうなのかな? と思っていましたが、明日は天気予報、最悪の晴れマークです^^;;;

どうなりますことやら。



BEGIN - 恋しくて
いいオッサンが魚が水面で虫を食っただけで大騒ぎです(笑) かわいいもんですが、このときめきを次の世代にも残したいです。もう、元には戻らないのかもしれません。それなら作るしかないのかもしれません。でも、フライを巻きたいとせがむ娘を見ると、やっぱりそのことを考えざるを得ません。
みんなが一歩、いや、半歩でも、もしくはそちらの方を向くだけでも・・・。
by rionpapa | 2009-02-28 19:37 | Fresh

悪あがき

あまりあれこれ考えすぎると前日眠れずに睡眠不足になりそうなので、とりあえず解禁前の準備はこれで完了ということにしました。
b0032262_22393613.jpg
主力のボックスです。秘密兵器は別のボックスです。 うそです(笑)

ウェットは以前友人のおがさんから譲ってもらったものが多いです。自分で巻いたウェットは多くが別のボックスに入ってます。つまり、自分で巻いたウェットは主力ではありません(笑)

ほんとのところを言うと、このボックスは頻度の高いであろうフライを集めています。先遣隊みたいなもんでしょうか? 本隊は別のボックスで、残りが少なくなったらそっちから補充となるんです。なので、釣りしている最中はニンフのぞけば他のボックスはほとんど出番がありません。要するにこのボックスでこの時期の竹田で想定しているおおよその手練手管は完遂できるということになります。

もし、このボックス以外を出してごそごそやってるのを見かけた時は、「あ、手が尽きて苦戦してやがるな。」と笑ってやってください(笑) おそらく覚悟して見えにくいフライ、例えばミッジあたりを試そうとしてるんだと思います^^;;;

こういう整理をしとくと便利なんですが、時々別のボックス見て「あ! それがあったか!!!」と後悔することもよくあります。そうやって中身の構成が変わっていきます。




CAROLE KING - YOU´VE GOT A FRIEND
1年ぶりに懐かしい仲間が集まります。
釣りよりもむしろそっちの方が楽しみなんだよね。
by rionpapa | 2009-02-27 22:58 | Fresh

乗り換え

先日のタイイングワックスの話題の時に、P-20さんからコメントいただいたGUDEBRODのスレッド。

LANDLOCKさんに在庫があったので、早速オーダーしてみました。

で、届いたのがこれ。
b0032262_20591141.jpg
ユニスレッドと比べてみると光沢があります。もちろん、10/0ですから細いです。しかも8/0と10/0の差とは思えないほど細い気がします。

ほんじゃま、ということで、早速巻いてみました。
b0032262_22521547.jpg
せっかく赤いスレッドが手に入ったのでスノーシューを使ったユージュアル。

#16じゃちょっと僕には厳しかったですね^^;;;

僕は結構テンションかける方で、前にも書きましたけどユニの8/0にワックスかけなかったら結構ブチブチ引きちぎります。ワックスかけてから手加減なしで同じくらいのテンションで巻いてみましたが、全く問題ありませんでした。

タイイング始めてからずっとメインはユニでしたが、とりあえず乗り換えてみようと思います。P-20さん、Landlockさん、ありがとうございました。

それから、一番奥にある白いのはPEスレッドです。これも前から欲しかったんだけど通販で買おうと思うと在庫切れだったりでなかなか手に入らなかったんですがようやく入手に成功。

手では切れませんね。多分手が先に切れますw


Victor Wooten - U can't hold no groove
バカテク系ベーシストの雄。ベースとドラムでこういう音楽が成り立つというのが驚異的ですね。
by rionpapa | 2009-02-26 21:13 | Fresh

フライ撮影

え~と、半分私信。

フライの撮影ってどうやっているのか? という話を今日お店でしたので、その補足説明をば。撮影風景はこんな感じ。
b0032262_23572228.jpg
レンズはマクロレンズを使っています。最近はコンデジでもスーパーマクロとか言って1cmまで寄れる!みたいなのもあるので必ずしも一眼が必要ではありません。

ただし、絞りを変更できるマニュアル露出機能は必要になります。
これが何に効いてくるかというと、「ピントが合っている範囲」に効きます。露出を変更した作例を下に。
b0032262_23563356.jpg
絞り:2.8 シャッタースピード:1/60秒
b0032262_23564468.jpg
絞り:5.6 シャッタースピード:1/15秒
b0032262_2357191.jpg
絞り:11 シャッタースピード:1/4秒
b0032262_23571165.jpg
絞り:22 シャッタースピード:1秒

こうやって並べると、最初はアイの付近しか合っていないピントがだんだん広がっていくのがわかると思います。絞りが22だとほぼ全域合っていますね? 絞りの数値が大きくなればなるほどピントの合う範囲は広くなります。

ただし、、シャッタースピードはどんどん遅くなっていきます。絞り22だと全域ピントが合っていいのですが、代わりにシャッタースピードがなんと1秒になります。1秒というと、手持ちの撮影でバッチリ撮すのは不可能に近いです。なので三脚が必須となります。さらに、シャッターを押した時の振動でカメラ本体がぶれたりもするので、セルフタイマーを使って撮影します。細かい事言うと、絞りを22なんてやっちゃうと、今度は回折が起きて解像度悪くなるのでAPS-Cだとせいぜい11くらいまでが常用だと思います。実際このブログに掲載しているフライの写真はほとんどがF11、もしくはF8です。コンデジだとさらに小さい数字じゃないときついです。

さらについでで言うと、4枚目の写真で特に上の方に黒い点々が見えますが、これはセンサー上に付いたゴミです。レンズを交換する時にどうしても付いてしまいます。

さて、解禁に備えて掃除しよう・・・。
by rionpapa | 2009-02-25 23:52 | Fresh

こんなはずでは・・・

なんかこう、自分の巻いたウェットフライがさえない気がする・・・
b0032262_238114.jpg
雑誌や本のフライと見比べて、「おぉ~! ヘッドのテカリが違うではないか! 俺のフライがいまいちに見えるのは、きっとこのせいに違いない!」と、またお得意の責任転嫁で黒のバーニッシュをお取り寄せ。

本日それが入荷したので早速チョコチョコと塗ってみたら・・・

「え? あれ? こんなはずでは・・・」
と瞬く間にドライの10倍は気を遣って巻いた貴重なウェットが5本も見るも無惨な姿に・・・(号泣)
あまりにかわいそうでとてもここに晒せません(ToT)

何か間違ってるはず。

とりあえずバーニッシュ封印。



田原俊彦 悲しみ2(TOO)ヤング
トシちゃんの歌と同じくらいグダグダな気分です^^;;;
でも、よくよく聞いてみるとこの微妙な音程の外し方は絶妙にも思えてきたwww
by rionpapa | 2009-02-25 23:12 | Fresh

ツィス

魅力的な人物、もしくは「いっちゃったヤツ」というのは多面性を内包していることが多いと思う。面と向き合うと重く、暗い情念をほとばしらせるものだから、たじろいで数歩下がってその人を俯瞰してみると意外なことに乾ききって飄々とした雰囲気をまとっていたり。逆に明るく軽い人だと思っていたら、背中になにやら重く湿ったマントを羽織っていたり。それは汗なのだろうか? それとも涙だったのか?

週末に本屋に行ったら「不遇の天才」と言われた広瀬正の文庫本が復刻されていた。最初に読んだのは確か大学の時だったかと。

精緻で軽く、柔らかくて客観的。それでいてその底辺には大河のような悲しみが静かに流れている。話のおもしろさもさることながら、その雰囲気に夢中になったのを覚えている。

それから何年か経った時、また読もうと思ったけどすでに処分していたのか本棚にも段ボールにも見つけられず、何となく悶々とした気持ちを抱えたままだった。

広瀬氏は直木賞に3度もノミネートされるも受賞にはいたらず(SF作品に「リアリティーが・・・」とほざいたバカ選者がいたそうだ)、47歳の時に路上で心臓発作を起こし帰らぬ人となる。読後にそのことを知った僕は残念でならなかった。もっといろいろ読みたかった。
b0032262_20111326.jpg
当然あるのはすべてお買い上げ。あと確かミステリーが1冊あったはずだけど在庫なし。

二日で読んじゃった。

もったいない・・・と、久し振りに思った。

旨いものを夢中になって一気に食ったあとで「あぁ、もうなくなっちゃった・・・」と嘆く気持ちに似てるかな。

実は一番お気に入りの「ツィス」 最後の数ページだけとってあるんです。今夜じっくりとかみしめて読みます。
by rionpapa | 2009-02-24 20:40 | 戯れ言

スペント

覚悟決めてとりあえずスペント、ダン共用パターンを#22で巻いてみました。テールは小ささを強調したかったのと面倒だったので省略。もちろん、後者の要因の方がはるかにでかいです(笑)
b0032262_21424513.jpg
意外となんてことなく巻けちゃったのでちょっと安心。

ダン/スペントパターンをあと2種類ほど。後はイマージャー、フローティングニンフ系を巻いておくかな。

例えばダンパターンを巻きましょうって事になった時、色とサイズはある程度バリエーション巻くのはもちろん、僕は同じダンパターンでも複数種巻いておきます。最注力虫で5パターンくらい。いや、かれこれ数えるとはるかに多いか・・・。

例えばライズがあってダンを食ってるっぽい。CDCダンではダメだった。となった時にどうしますか? 

ほんじゃイマージャーでとかスペントでとかになったり他の虫を食べてるんじゃ?とかなったりするのが普通なのかもしれないですけど、根がしつこいタイプなので、ダンはダンでももっと細身にしたやつとか、ライトパターンよりもシルエットを重視したやつとか、多少ブッシーに目立つやつとか、そんな感じでフライを回すことも少なくありません。まずは「ダンを食っている」という観察結果を大事にしたいからです。さすがに全種類は試すことあまりないですけど、それでダメなら次はイマージャーいってみるか、みたいなのが多いです。もしくは最初のダンパターン食わなくてイマージャーもダメで、スペントもダメで、次にもう一度別のダンパターン試すとか。

それを全部試せるまでライズが止まないつきあいのいい魚も滅多にいませんが(笑)

そもそもこっちの方がよく釣れるとは決して言えません。手際よく可能性を絞り込んだ方がきっと効果は高いと思います。が、これは僕にとっては「そういう遊び」なんですよね。岩井さんみたいに「ダンはCDCダンがあれば十分」ってなればシンプルでずっと釣れると思うんですが、わざと面倒に難しくした方が楽しい事ってあるじゃないですか(^^)

そんな感じで、「難しいライズ」を想像しながら、そして実際にフライボックスを眺めながら、「さて、次はどうしよう?」と考えながらフライを巻いています。実際に獲れなかったライズを反芻しながらやることが多いですね。あのときは手持ちがここまでだったけど、これがあったらどうするだろう? みたいな感じで。

意外と楽しいですよ。でも、これやるとフライをいくら巻いても足りません^^;;;

それでもはや万策尽きた時にはやけくそで#8とかのでかいフライを投げたりします。
ところがこれが意外と高い確率であっさり釣れたりしてしまうので、そういう時はうれしさ半分、悲しさ半分です(笑)
by rionpapa | 2009-02-22 22:06 | Fresh

吉兆? 凶兆?

竹田の稚魚放流に娘と参加してきました。
b0032262_17454168.jpg
稚魚を受け取ってみんな思い思いの場所へ魚を放流します。
b0032262_17455066.jpg
上手く生き延びて大きくなってくれるといいのですが・・・。

参加された皆さん、お疲れ様でした。
b0032262_1746072.jpg
その後お決まりのライズチェック。仲間といろいろ見て回りましたが、今回も小雨模様のうってつけの状況で、たくさんのライズが見られました。前回の印象と同じく、いるべきところにはいるなぁ、という感じです。今回は偽物っぽいのも相当数混じりましたけど^^;;;
おそらく三桁以上(回数ね。場所じゃないよ)のライズは見られました。解禁日も良い状況だといいけどね~。こればかりは神頼みですね。
b0032262_1746791.jpg
というのが吉兆。

凶兆、といってもこれは僕にとってなんですが、1番目のライズの写真を拡大して見てもらうと、ハッチしているメイフライの影を確認することができます。原寸大で見ると、僕は18匹は確認できました。これ、#16~18のエラブタ本命のアカマダラ、シロハラ系を想定して準備を進めてきたのですが、別の場所(ここでもライズバンバン)で確認すると、思いのほかフタバのハッチが多い事が判明しました。双眼鏡で見ていると、これをバッサリ食っているライズも多数確認。両方流れるとフタバ選んで食ってるみたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・ノーマークでした^^;;; ほとんど弾がありません^^;;;;;;;;;

何でないかと言うと、小さいから巻きたくないためです。見えないからです。投げれば見えます。巻く時に見えません(爆)

覚悟決めて巻くしかないですね(溜息)。

エルモンとかオオクマとかがスーパーハッチしてくれないかなぁ・・・。



Helen Merrill - You'd Be So Nice To Come Home To
NYのため息。シャレです。
by rionpapa | 2009-02-22 18:08 | Fresh

真っ赤

花粉お見舞い申し上げます。
b0032262_23283810.jpg
その筋の方は見ただけで花がむずむずしてくる光景ですね^^;

うちの娘、6歳にして早くも花粉症。

ハナタレガキに後戻り~^^;;;


ところで昼間の親分ですが、
b0032262_23325968.jpg
実はこんな感じで今は水も人気(ひとけ)もない河川プールの中にいらっしゃいまして、
b0032262_2333999.jpg
どうやら口から水を噴出するらしい。

なんだか無性に見てみたい。
by rionpapa | 2009-02-21 23:29 | 戯れ言

マクロ

庭に花が咲き始めたので、
b0032262_15291686.jpg
はいつくばってマクロ撮影の練習。
b0032262_1533236.jpg
まぁ、これくらい撮れれば合格かな?
b0032262_15292383.jpg
今年は虫撮ります。
by rionpapa | 2009-02-21 15:31 | Photo