Radical Angler's Talk

<   2008年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

Lucky Bird

竹田に所用があったので、ついでに裏の川の様子を見てきた。
b0032262_8471218.jpg
セグロセキレイ。フライフィッシャーならおなじみの、夕方どこからともなく現れて水生昆虫の羽化を教えてくれる幸せの鳥。
いや、正確には幸せの予感をもたらしてくれる鳥。それで幸せになれるかどうかは釣り師の腕と運次第(笑)
b0032262_8472413.jpg
人を殺すのは銃やナイフではない。希望が根こそぎなくなれば、放っておいても人は簡単に死ぬ。絶望は最強の毒だ。
いろいろ大変な世の中だけど、春を待ちながらワクワクできる僕たちは、それだけでも幸せというもの。

キセキレイ。ウィークエンドアングラーの決断を後押ししてくれる鳥。君たちがいてくれれば、最後の賭けに出る価値がある。
来春また、君たちに会えん事を。そして、みんなのそばにもこの幸せの予感が舞い降りん事を祈りつつ・・・
b0032262_8473335.jpg
なんてことを書こうかな~とか思いつつ写真を撮ったのだけれど、自宅で写真を見てみて愕然。確かにハッチは確認したけれど、こうして見てみるとものすごいハッチの量じゃないですか!!!
b0032262_94279.jpg
また新たに蒙を啓かれた。

やっぱり君たちはLucky Birdだ。
b0032262_94362.jpg
釣り竿片手に君たちに会える日が待ち遠しいよ。
by rionpapa | 2008-12-28 09:16 | Fresh

ちょっとずつ準備開始

もうずいぶん前の話になるが、リバーガイドのカメラパックを買おうかどうしようかなんて話を書いたことがある。なんと去年の5月の話。んでもって、本当に忘れた頃にそれが入荷したwww
b0032262_1714939.jpg
こんなのです。
b0032262_1715875.jpg
後ろにはウェストベルトというか、チェストベルトというかが付属。ただし、僕の体にはちょっと短い^^;;;
b0032262_172540.jpg
中には緩衝材が入っているので少々はぶつけても安心。

KISSクラスの一眼と交換レンズ1本くらいは入りそう。今のところ釣りの時はすでに廃盤のティムコのカメラパックを使っているのだけど、これは本当にレンズ付きのカメラ本体だけしか運べないので一眼使ってるという意味ではちょっと不便。このカメラパックだったらとりあえず標準ズームと広角ズーム、もしくはマクロレンズを持ち歩けるので、来年の解禁は多分これで決まり。

ちょっと嬉しい買い物でした。
ただし、メインの40Dだとちょっと小さい。これもサイズMがあるんですが、こっち持ち出す時はもうちょっとまじめに撮る時なのでそれだとレンズがもうちょっと入らないと・・・。そうなってくるとこれとかしかないですね。もう何年も迷ってて買えないんだけど・・・^^;
by rionpapa | 2008-12-26 17:23 | Fresh

Windy Day

朝、「ほんとにサンタが来た~」と感激する娘を見てしてやったり。さて、いつ頃まで騙されてくれるんでしょうかね?

それから娘と二人でぶらりと外出。先日訪れた古墳の話をしたら「見たい~」と言うので行ってみた。
b0032262_2313269.jpg
ところがこれがものすごい強風。僕ですら体を持って行かれそうなくらいの強さで、娘は四つんばいで頂上を目指す。
b0032262_2322986.jpg
何とかたどり着いて記念撮影。それにしても今日の風はすごかったな。
b0032262_233758.jpg
さて、いい加減年賀状をやっつけないといけないのだけれど、どうもプリンタの調子が悪い。
この期に及んでものいりか? ^^;

そうそう、フラッシュライトの件だけど、結局充電式のRCR123と充電器を購入。CR123よりも微妙にサイズがでかいので、ちょっとギャンブルだったんだけどなんとか使えることを確認。良かった。
by rionpapa | 2008-12-26 02:35 | Photo

Holly Night

来春から小学生となる娘と通学の予行演習。

心配していたほどへばることもなく、スキップしながら約2kmの道のりをクリア。むしろ僕の方がへばったw
b0032262_22362741.jpg
うちは若干過保護で一人で外を歩き回らせることをまだほとんどやっていないため、ちょっと心配ではあったのだけれど、まぁ、そこは案ずるより・・・って事なんでしょうね。

夜はささやかながら家族でクリスマスパーティー。なんでキリスト教徒でもないのに・・・とか思っちゃうタイプなんですが、一応僕自身がキリスト教系幼稚園の出身ということでwww
b0032262_22363738.jpg
そう言えば今夜は念願かなってNoradのサンタトラッキングをリアルタイムで見ています。GoogleEarthでも見られるのね。22:49現在、オーストラリアのブリスベーンにいるらしい。
b0032262_2315670.jpg
先頭のトナカイはちゃんと鼻が赤いwww

さっき画面を見せて「早く寝ないとサンタさんが来ちゃうよ!」と行って娘を寝かせたところです。僕はこれからサンタさんにならなければ・・・。
うちの娘は1/6生まれなので、これから約2週間で1年にもらうプレゼント関係すべてが集中しますwww

それでは、Merry Christmas!
by rionpapa | 2008-12-24 22:52 | 戯れ言

Fire Works

今年の夏の心残りといえば、花火大会に一度も行けなかったこと。

えぇ、写真を撮ってみたかったんです。

どうも天気が悪かったとか子供が熱を出したとか別の用事ができちゃったとかで結局行けずじまい。

当然今年最後の別府の花火は以前から虎視眈々と狙っていたわけで。
b0032262_073546.jpg
そんなわけで家族で出かけて早めに会場入りして場所も確保したんですが・・・。
b0032262_074497.jpg
こりゃ難しいや。
b0032262_075229.jpg
膨大な失敗作をめくりながら反省会中。

でもね、花火大会自体はすごく良かったですよ。音楽に合わせて花火が飛ぶんです。コンピュータ制御で職人芸が・・・てな話もありますが、ここまでやってくれるとちょっと感動もの。
b0032262_0294876.jpg
合成すればこのくらいは・・・^^;;;
by rionpapa | 2008-12-24 00:11 | Photo

アカルイミライ

自転車通勤をしていると、当然今の時期は帰る頃には真っ暗。ご存じの通りプチ灯りオタクの気のある僕としては、まずは自転車専用ということでそこそこ明るそうで評判も悪くなかったCATEYEのEL520というライトを購入。ところがこやつ、単三を四本も使いやがるくせして「これのいったいどこが明るいと?」という代物。あ、最近老眼が進行中の僕としてはそれで暗いところがますます見えにくくなってるかもしれん^^; まぁ、なんにせよ、真っ暗な田舎道を走るにはちょっと心許ない明るさなんですよね。
もっと明るいライトは持っているけどどれもCR123A使用ということで、毎日のように使うとなるとランニングコストがちょっと心配。そんなわけで久し振りに単三2本で前に紹介したFENIXのP3D並の明るさという同じくFENIXのLD20というライトを買ってみた。ちなみにハンドルへのマウントはパナソニックのこれがジャストフィット。
b0032262_23224758.jpg
右から使えないEL-520、ちょっと前はみんなを驚かせたGENTOSのSF-301、FENIXのP3D、そして今回の主役、LD20。明るさテストしてみよっと。ISO1600、F=4.0、SS=1/100、WB固定です。
b0032262_23225613.jpg
まずはEL-520。もう暗すぎて話になりません^^; おまけに照射範囲狭すぎて巷の自転車乗りは本当にこれで満足してるのか不思議です。正直この三ヶ月近く、よくこれで通ってたもんだわ。
b0032262_2323534.jpg
次がSF-301。EL520に比べれば明るさははもちろん、照射範囲が格段に広い。これでCR123じゃなければもうこいつで十分なんですけどね。ていうか、実はしばらくこれも併用してたんですけど。
b0032262_23243725.jpg
次はP3D。さすがの明るさは今でも十二分です。しかし、ターボモードだとランタイムが二時間いかないので一週間で一セットお取り替え^^; そりゃきつい。
b0032262_2323198.jpg
最後にLD20。エネループでの使用。見たところほぼP3Dと同じくらいの照度で照射範囲は若干広めか? しかもエネループ使えるからお財布にも優しいし。

というわけで、夜のチャリ通の準備は完璧・・・になったんですが、明後日から早くも冬休みです^^;;;;;

はっ!!! 年賀状作るつもりだったんだ・・・・・・・・・^^;;;;;;;;
by rionpapa | 2008-12-22 23:42 | 物欲

Pottering on Saturday

先週宇佐に出かけた時に、古墳の看板を頻繁に見た。何かちょっとだけ興味が出てきた。というのも、実は20年ほど前にどういった理由か忘れたけど邪馬台国にはまって関連書籍を読みあさったという前歴を持っているのですね(^^) なぜか古代という響きに惹かれるのだ。

大分市には古墳ってないのかね? とググってみたら、大分県最大級の前方後円墳があるというではないか! よし、こいつは早速行ってみるべし。
b0032262_15172891.jpg
で、15kmほどチャリンコこいで到着した亀塚古墳。おそらく修復された状態なんでしょうが、形はしっかりわかりますね。
b0032262_15173992.jpg
上まで登ってみたらこれが景色も良くてお気に入りの場所になってしまいました。
b0032262_15174795.jpg
石棺(まぁレプリカでしょうが)も置いてあったりして、朱色の筒はイベントの時に篝火でも焚くんでしょうか?
b0032262_15175636.jpg
十分堪能してから海へ。
b0032262_1518516.jpg
おぉ、熱血してるじゃないか。

何か自分も熱血したくなってきて、このまま佐賀関まで行ってみた。

死んだwww

必死すぎて証拠写真撮る余裕無し。
by rionpapa | 2008-12-20 15:28 | 自転車

愛しのアーガス

いやもう、何とも美しい。
b0032262_21483095.jpg
鳥の羽、昆虫もそうだけど、ミクロで見てみるとはっとするような美しさを見せてくれるものは少なくありません。
b0032262_2264877.jpg
この、一見地味な鳥の羽がよく見ると上記のごとく。

えぇ、私、フェチなんです。

というわけで、予定通り「ねこのあくび」のhirokoさんのお宅にお邪魔して猫ちゃん達に遊ばれてきましたw ってことはなくて、予想していたよりもずっとずっと紳士淑女でいらっしゃいましたよ。昨日のブツで秘密兵器作って持って行きましたが、そんなの全然必要ないくらい。もしや文字通り猫かぶってたとか?(笑)

hirokoさんのコレクションからたくさん羽をいただきました。つたないタイイングをご披露したり、なんやかやの話で盛り上がってあっという間の訪問でした。いや~、ほんと楽しかった&嬉しかった。いただいた羽を矯めつ眇めつしながらこれを書いてます。hirokoさん、本当にありがとうございました。

あ、楽しすぎて写真撮るの忘れたwww 釣りと同じで一人じゃないとまじめに仕事がはかどらない^^;;;

そんな楽しい時間の始まりを遡ること1時間ほど前。東光寺五百羅漢の前で僕はベンチに座ってボーッとしていたのであります。
b0032262_21484170.jpg
実はこれまであまり興味はなかったのですが、一つ一つの顔がすべて違ってて、味があって、これまた時間の経つのが早いのなんの。
b0032262_21484990.jpg
看板の説明によると一人の石工さんが作られたそうで。

ここも半日くらいならじっと見ているだけで過ごせそうだったな。
住んでいる方にはわからないのかもしれませんが、何か僕が住んでいる町とは明らかに雰囲気違ってますね。

個人的には大好き。
by rionpapa | 2008-12-13 22:21 | 物欲

傾向と対策

明日はなんと! かの「ねこのあくび」様のお宅に伺って、羽のコレクションを見せていただき、しかもちょびっと分けてもらっちゃうという楽しみにしていた日なのであります。

ところが、ぎりぎりぎり~と、僕の前に立ちはだかる巨大な影^^; 「絶対渡さん~~~」って・・・^^;

対策を練ることにしました。と言っても我が家は代々犬飼い一族なので、ねこはどうすれば良いのやら・・・・。とりあえず。
b0032262_22214123.jpg
うまくいくだろうか?
by rionpapa | 2008-12-12 22:23 | Photo

「結局のところ・・・・・」

写真好きの同僚が酒の席で結論付けた。
b0032262_21324425.jpg
「写真なんてのは一に光、二に背景、三に被写体なんだよな。」

ふぅ~ん、そんなもんですか。
と、僕は相づちを打つ。

それが正しいのかどうかは僕にはわからないが、確かに頷けるところもある。僕は三、二、一の順番だったのが、やっとこさ二はもうちょっと大事だなぁとか思えるようになってきたところ。三はあんまり考えたことないや。

確かに、自分の部屋で遊びでいろいろ照明を試していたりしているんだけど、光の当たり方一つでものの見え方ってすごく変わるもんだよなぁと。

いろんな写真を見て、「あ、これいいな。」と思ったら覚えておいてチャンスがあったら真似するようにしている。するとちょっとずつだけど、「あ、なるほどね。」と思えることもあって、それを自分なりに消化していく。

あぁ、こういう時にはこういう方法もあるんだ、と。

それを実際に生かせる場面は少ないんだけど、使えた時は結構良い感じのように思える。

自分が満足できる写真って、いつになったら撮れるようになるのかねぇ・・・・。
by rionpapa | 2008-12-09 21:45 | Photo