Radical Angler's Talk

<   2007年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Good-bye Buddy

b0032262_21274881.jpg
文句なしに「これはいいよ」と断言して、人に勧めることができる数少ないアイテムの一つ、PatagoniaのSSTジャケット。

フライフィッシングを始めて間もない頃、近所では扱っているお店もなくて、それでも欲しくて欲しくてたまらなかった時に、ちょうどうまい具合にアメリカ出張があって、現地のショップで買ってきたもの。

考えてみると、海でも川でも真夏をのぞけばいつも一緒だった気がする。おそらく僕と一番現場に出ているアイテムはこれだろう。もうとにかくお気に入り。ウェーディングジャケットは結構いろいろ試したけど、僕に関しては結局最初に買ったこれに勝るものは見つけられなかった。

さすがにかなりくたびれてきて、首周りの防水コーティングははがれてしまって雨が降ると濡れてしまったり。いよいよお役ご免の時期になってきた。

昨日はこいつと最後の釣行。うまい具合に肌寒く、雨も降り、ほとんど一日中こいつを着て川を歩いた。やっぱりちょっぴり首筋が濡れた。

Patagoniaに問い合わせると、おそらく修理は無理なので交換になりますとのこと。で、本日僕の手元を離れた次第。

ひょっとしたらどの竿よりも、リールよりも、愛着は深かったかもしれない。

どうもありがとうね。楽しかったね。
b0032262_215117100.jpg

by rionpapa | 2007-09-30 21:52 | 戯れ言

今年最後の渓流

行ってきました。

どこに行くか、ちょっと迷ったけど、やっぱり最後は竹田だよね。ということで、早起きして57号線を走った。

事前の情報によると前日にはいい思いをした人もいたらしい。行ってみるとそのいい思いをした当人が本日も出撃(笑) その場所は遠慮して上流へ。ハッチなし。ライズなし。とりあえず準備をして様子を見てみることにする。午後から天気が崩れるらしい。午前中は写真を撮って、午後は釣りに集中というおおざっぱなプラン。

本日の相棒はこちら、G2 772-4。
b0032262_22254614.jpg
まじめに釣りをするのは初めて。とりあえず片っ端から叩いてみる。

全く反応なし。まぁ、予想通り(^^;;; しかし、川を歩いていて足が上がらん。ものすごく歩きにくい。こりゃ予想以上に鈍ってるなぁ・・・。

G2。僕にとっては意外と曲者かも? そりゃまぁ、そういう竿ではないので、ロングティペトではショートレンジはかなり使い辛い。リーダーキャストなんかは僕にはほぼ無理。3m位ラインを出してから本来の切れ味が発揮されて快適に使える感じ。しかし、1番手違うだけでライン操作の感じはかなり変わるもんなんだねぇ・・・。ある程度距離がある時はI's3よりもこっちの方が流しやすい感じ。

下流に下る。堰堤下のプール。エノハかイダか判断に苦しむライズ発見。ハッチは・・・見ただけで戦意喪失しそうな超小型のミッジのみ。#32じゃでか過ぎってサイズ。まずは釣り人の都合で#20のミッジピューパから始めてみる。当然のように反応なし。#24。やっぱりだめ。2~3分に1回程度の間隔でライズは続く。雨が降ってきた。

遅い朝食代わりの魚肉ソーセージをかじりながら覚悟を決める。#28。
げ・・・・・・・・曇ってきて光量が減ってきたのもあるけどアイにティペットが・・・・・・・・(^^;;;;;
こりゃ来年からはフリップフォーカルのお世話になりそうだなぁ・・・。

しつこく流してこりゃもう#32か? と思い始めた頃にストライク。22~3cmくらいのエノハ。よかった~。ここですでに満足してしまう(笑) きっとこれが最後の魚なので、写真を撮りたかったけど雨がけっこう降っているので断念。

あまりに川歩きが下手になっていたので、釣りはともかく歩くことにする。
b0032262_22465688.jpg


歩いて、歩いて、歩きまくって、時々竿出して、疲れたら座り込んでタバコ吸いながらぼーっとして、よいしょとかけ声出して立ち上がり、また歩いた。
b0032262_21533295.jpg

相変わらず魚からの反応はなかった。竿を試すつもりもあって結構厳しいところにも入れていったんだけどねぇ・・・。しかしG2、こういうのはやり易いなぁ。

移動しては歩き、移動しては歩きを繰り返していたらあっという間に夕方に。イブニングどうしよう?
b0032262_22525942.jpg
そんなことを考えていたら車のウィンドウにヒゲナガがくっついてた。う~ん、実はさっきから温泉に入りたくてたまらなくなっていたのだ。う~ん、どうしよう? う~ん・・・。待ちくたびれたのか、ヒゲナガがどこかに飛んでいった。その瞬間、何か踏ん切りがついた。「ま、こんなとこかな?」

竿をたたみ、ウェーダーを脱いで「月のしずく」へ。

というわけで、釣行記としてはしょぼいんだけど、これでも僕的にはずいぶん楽しい1日でした(^^)
by rionpapa | 2007-09-29 23:01 | Fresh

撤収準備

今週はいつになくアクセスが多かった。

おそらくは久しぶりに渓流の話を書くような予告をしたからだろうと思うわけですが、すみません、結果から言うと行ってません。

その前日に娘の運動会があったわけですが、これがね~・・・
b0032262_2201219.jpg
思わぬところに落とし穴があったというか。

予定通り親子競争と綱引きに出たんですが、この綱引きがくせ者だったんですよ~。体格だけで最後尾を任され、大接戦を連チャンで演じた挙げ句、翌日、じゃなくてその日の夜のうちにきっちり筋肉痛に。夕飯の時には箸を持つ手が震えているのがわかるくらいで(笑)

いや~、綱引きって全身運動なんですね~。ほんと、両腕両足腹筋背筋と全部痛くてまともに歩けませんでしたわ。

そんなわけで翌日は半病人状態でうだうだ過ごしてしまいました。さっきタイイングデスク(と言いつつ最近PCにスペースを取られてかなり劣勢)の上に散乱しているツール関係を片付けたところ。もうしばらくウキウキしながらこれを使うこともないな~とか思いながら。
b0032262_2243549.jpg
結局TMC212Yは試さないまま終わっちゃたな~とか、かなりしょんぼり状態なのです。

が! やっぱり万難を排して今週末に行くことにしました。行くつもりです。行きたいです。行けたらいいな~と(^^;;;

まぁ、どっちにしても釣れないと思うけど(爆)

あ、そう言えばこのブログも丸3年が経過しました。その前のWebサイトが何年くらいやったんだっけ? 実は閉鎖後にDISKに保存していたコンテンツを全部消してしまいまして、何を書いたかまるでもう忘れちゃってる状態で(^^;;; まぁ、釣りのブログなんだかなんだかよくわからなくなっちゃってますけど、とりあえず続けるつもりですのでよろしくおつきあいのほどをm(__)m
by rionpapa | 2007-09-27 22:08 | 戯れ言

こだわる

こだわる
[1]心が何かにとらわれて、自由に考えることができなくなる。気にしなくてもいいようなことを気にする。拘泥する。
[2]普通は軽視されがちなことにまで好みを主張する。
[3]物事がとどこおる。障る。
[4]他人からの働きかけをこばむ。なんくせをつける。
(大辞林)


ディスプレイと印刷の色もばっちり合わせ込んだしこれで万全さ~。
と、思って家族の写真を印刷、できばえに満足して就寝。
翌朝起きてみると・・・

プリントって乾かすと色が変わってくるんでした~(泣)

さすがに萎えた。これ以上の追い込みはまたいずれ余力のあるときに・・・。

しかしですね、ついこの前まではその印刷で十分満足していたわけです。そこまで細かい色調まで見てはいなかった。それが何かのきっかけで気になり出すととことん気になっちゃう。これは何でも同じだよなぁと。

魚釣りも同じですよね。シーバスを始めた最初の数ヶ月はK-TENの11cmと14cm、これだけ。ロッドも今となっては破格に長い11ft。全然不満はなかったわけですよ。それがどうやらレンジも効くらしい、シルエットも選ばれることがあるそうだ、色もナチュラル系とアピール系と・・・なんて感じでどんどんルアーが増えていっちゃう。
ロッドもかなりうるさいこと言ったよなぁ・・・。ほんのついこの間まで。もうちょっとバットを強く、もう少しだけティップを弱く、いや、弱くてもいいけどもう少し速く・・・。

今となってはまさに「こだわり」。しかも上の[1]のやつ。
今は、やっぱり釣りは「ポイント」だよね~(笑)

それなりに釣りを続けていけば、違う方向を見たりもするし、どこに力こぶ入れるかも変わってくる。

今は魚が欲しいとはあんまり思っていなくて(本当に!)、もう水辺にいられるだけで幸せ感じちゃったりするんだけど、いずれはやっぱり「釣れること」に収斂していくのではないかとかふと思うことがある。

写真も今はやれ高感度画質がどうした、連写性能が云々、画素数があれやこれや、レンズのMTFがどうじゃらこうじゃらなんて口角泡を飛ばして狂奔しているわけだけど、きっとどこかに落ち着いていくんだろうなぁとか。

あっちに揺れ、こっちに揺れ、大きく揺れたり小さく揺れたり。だんだん振幅が小さくなってそのうち結構安定してきて、ふと足元を見ると、それが自分の居場所になっていたりするのかなぁとか。

まぁ、どこに立っているのかさえ心許ない我が身ではあるけれど、いつかその日がくるならば、そのときまで、せめて軸足はぶらせずに立っていられたらと・・・。

しかし、暑いですね~。これで9月の下旬とは思えませんな。
b0032262_22481242.jpg
今週末は日曜日に娘の運動会。綱引きと親子競争に出場予定。月曜日は今年最後の渓流へ。
by rionpapa | 2007-09-21 22:49 | 戯れ言

無駄遣い

現像&レタッチ環境を手に入れた。いろいろためつすがめつしながら1枚の写真を完成させ、さて、プリントしてみよう!

と・こ・ろ・が

せっかく苦労して現像したのに色味が違う。これじゃ苦労が報われない。よし、プリントと画面の見かけを一致させよう! というわけで、いろんなパラメータを変えながら試行錯誤を繰り返す。ほんとはディスプレイのキャリブレーションをやってからやれば比較的容易なはずなんだけど、もちろんそんなもん持ってない。これが思い立ったらすぐにやらないと気が済まないたちで、ネットでカラーマッチングの調整方法を調べつつ最初はカラーチャートを印刷して画面と印刷の色味を比較、調整。「よし、これなら大丈夫と写真を印刷してみると肌の色が違う。それを調整すると何か木の色が違う。さらに空の色が違う・・・・・・・・微妙に調整してはテストプリント。
b0032262_2115318.jpg
あっと今に夜中の3時(笑)

プロフォトペーパーを100枚近く消費。ここまでこだわるつもりはなかったのに・・・・・。
by rionpapa | 2007-09-19 21:09 | 戯れ言

3連休

b0032262_21552135.jpg
さらにエスカレート(笑) ちなみに最近の検索キーワードNo1はやっぱり「40D」 このブログの目指すところとはどんどん乖離が大きくなっていくような・・・・・・・・(^^;

こりゃ本格的な現像ソフトも必要になるな、うん。

ということで、いくつかの現像ソフトをダウンロードして使い勝手を試してみる。結果的にはADOBEのLightroomが一番よさげ、ということで、早速ダウンロード版を買おうと思ったらこれが結構なお値段。いや、待てよ、近所の電気屋に発売記念のパッケージがまだ売れ残っていたはず・・・と、早速娘を連れて行ってみたらあったあった。日頃のチェックがものを言いますな(笑) 早速購入、んでもっていろいろ遊んでいるところ。

いや~、いろんな買い物したけどこれでもうからっけつですな。来月から僕の小遣いは限りなく0に等しく・・・。

あ、ビデオ編集ソフト買ってない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

ちなみに、変なところでつっこまれるのはいやなのであらかじめ言っておきますが、↑の空き缶は僕が捨てたものではなく、撮影後には回収いたしました。捨てるなよな~。
by rionpapa | 2007-09-18 22:22 | 戯れ言

見るのも楽しい

新しいおもちゃを手に入れてルンルンな毎日(笑)
b0032262_010049.jpg
ちょっと細かい話になるけど、今度の40Dは信号処理が従来の12bitから14bitにアップした。これが何に効くかというと、たとえば↑でアップした写真はかなりレタッチでいじっているんですが、これに対する耐性が上がっている、劣化しにくいってことになるらしい。確かに今までだと空の色はまだらになってたと思うんだけど、きれいにグラデーション出てますね。

ちなみにこの写真、海がざわついているのがわかりますが、これ、かなり広い範囲でベイトが追われてたんですね。しかし全く動ずることなく撮影を続けた私。釣り師としてはかなり問題がある気もするけど、まぁ、今はもうちょっと遊ばせて(^^;;;
by rionpapa | 2007-09-13 00:17 | 戯れ言

お魚デビュー

こうなるとやっぱり魚を写してみたい。通常釣りにも一眼を持ち歩く僕としては、魚がきっちり撮れるというのは優先順位2位。だけどこれまでで一番すごい写真を吐き出したのは、実はコンデジのFX9(Panasonic)だったりする。たった1枚だけだったけど。さて、40D&24-105Lの実力やいかに?

というわけで、久しぶりに出勤前Fishing。この時期の釣りは意外と簡単。魚のいる場所さえわかっていれば、食わせる苦労は比較的小さいと思っている。
とりあえず魚のいる場所は目星がついているので(釣りはしてないけどチェックはほぼ毎日してます)、確率の高そうなポイントへGo。10分勝負と決めて戦闘開始。ルアーはまうすりんの14gピンク。トレーラーはグラスミノーのM、ラメ入りピンク。軟弱になったわけではない。勝負を急いだだけなのだ(笑)

1投目、軽くジャークを入れながら巻いてくるといきなりヒット。しかもまぁまぁサイズかも? 軽めのドラグでラインが引き出される。強引にゴリゴリ巻いてランディング成功。70cmくらいか? 痩せてるけど。ほらね、勝負急ぎ作戦大成功(^^)v

早速カメラを取り出してシャッターを押す。家に帰って現像(Raw撮影なので)。ん~、すごいってほどではないけど平均点は高いよね~。今回は構図に失敗。
b0032262_20322712.jpg


魚釣るために釣りしているのか、写真撮るために魚釣ってるのかよくわからないけど、まぁ、とりあえずその両方で僕の釣りは完結する。

なんかモチベーションわいてきた。
by rionpapa | 2007-09-11 20:33 | Salt

沼への第一歩

週末はWalker主催のCamp。

場所は宇目キャンプ場。最初にここでやったとき(もう何年前だろう?)は、あまりの設備の充実に「こりゃもはやキャンプとは言わないよねぇ・・・。」などどほざいていたのだが、今となっては快適至極で言うことなし(笑) 軟弱になったなぁ・・・。

行きがけに娘お気に入りの「ととろ」に行く。
実質的には↓のデビュー戦。
b0032262_22201652.jpg
正直に言うと、あまり期待はしてなかったのだ。ボディーもレンズも評価はかなり微妙なものだったし。

よく価格.COMなんかのレンズ板で「色乗りが・・・」とか「立体感ある描写が・・・」とか書いてあって、まぁ、色乗りに関しては理解できなくもないけれど、立体感とはなんじゃらほい?てな感じだったわけですよ。色についてもデジタルなわけだから後でどうにでもなるじゃんとか。

しかし、しかしである。できばえをつぶさにチェックしたのは日曜日に帰宅してからだったけど、正直言って、「これほどのものか!」と、鳥肌が立ちそうだった。色乗りってこういうことだったのね!!! なるほど、立体感とはこのことだったのか!!!と、目から鱗の体験だった。もちろん上にはまだ上があるわけだけど、とりあえずは大正解。値段に見合うかどうかはこれからだけどね。
b0032262_22291942.jpg


たとえばパソコンだったらそのパフォーマンスは数値化できて、出すお金とその価値観を客観的に計算することができる。

だけど、たとえば今回のカメラだのレンズだの、ロッドだの、感応的な部分で評価せざるを得ない部分が大きなものって、これほど圧倒的に「いい!」と言い切れるものがあるとは思わなかった。これに比べると同じ系統の3万円のロッドと8万円のロッドの性能(機能ではない)の差などないに等しいと言い切ってしまいたいくらいだ。まぁ、ただのカーボンの棒でそれほど劇的な差ができると期待するのも酷な話だけど・・・。これは極論だけど、まぁ、それくらい今回の衝撃は大きかったと言うことで。

一眼レフのレンズって、後から後から欲しいレンズが出てきてたまらなくなることが往々にしてある。これを「レンズ沼」と呼ぶそうだが、う~ん、こりゃはまりそうです。正直なところ、僕はディスプレイの前で近年ちょっとなかったくらいの快感にしびれてしまった。確実にはまりそうな気がしていたので意識して逃げていたのだが、こりゃ禁断の第一歩を踏み出してしまったのかも?

実はもっともこの快感に貢献したのは手ぶれ補正だったという事実には目をつぶることにして(笑)
by rionpapa | 2007-09-10 22:44 | 戯れ言

むむぅ・・・

b0032262_051104.jpg
やっちまいました。

しかもレンズ、赤鉢巻きです・・・・・・・・・・・・・・。

よかったのか? 僕にしては珍しく確信がない。後悔するかも?

この写真、KissDNで撮ったんだけど、かなりキリリとした写りで今更ながらびびったり(笑)

よかったのか? よかったことにしておこう、しておきたい。
by rionpapa | 2007-09-07 21:27 | 物欲