Radical Angler's Talk

<   2007年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

チヌ

b0032262_2124352.jpg

しかし、改めてよく見るとチヌって本当に美しい。銀と黒に孔雀色。シェイプもかっこいいしスズキと並んで僕の中では「ザ・魚」って感じなのである。子供の頃は近所の川でカニを餌にしてかなり釣った。当時この釣りをかなり得意にしていたのである。社会人になってからも釣りに本格的にはまる以前にチヌだけは時々狙ってたなぁ・・・。そういう意味では人生の中で比較的とぎれることなくつきあいの続いている魚なのだ。

チヌ釣りのおもしろさはその釣り方の多種多様性にも表れていると思う。思いつくだけでも普通のフカセ、落とし込み、ポカン釣りだとかダゴチン釣りだとか。そして最近はルアーで狙うのもはやっているようだし。僕は最近チヌをフライで狙ったりしているわけだが(そういえばひと頃フライで執拗にチヌを狙っていたZ君、最近見かけないけど元気でしょうか?)、釣り方は巷ではやっているワームを使った釣りをフライでやっているわけでして。キールに巻いたフライでそこを引きずると、まれに(笑)釣れることがある。

段々やっていてむなしくなってきたので、本当のところどれくらい今の時期って釣れるもんなのかとルアーでチャレンジしてみた。MリグだのSリグだのあるらしいが、間に合わせなので安直にテキサスでTry。釣具屋でワームとシンカーとフックを仕入れ(1000円くらい)実釣開始。フライで実績のある場所を攻めてみると結構カツカツとあたりがある。しかしなかなか乗らない。強風の中で我慢が続いた。1時間近く経ったところでようやくヒット。スズキとは全然違う鋭角的な引き。
b0032262_2223827.jpg
30cmくらいですかね。

釣れてみるとこの釣りが俄然おもしろくなってきた(笑) 夢中になって引き続き狙うもその後は釣果なし。北風に根負けして終了。

これでチヌ(含むキビレ)は前打ち、落とし込み、フカセ、プラグ、ダゴチン、フライに続き、ワームでも釣ったことがあることになった。僕の場合はもっともバリエーションのある魚。いろんな釣り方で狙えるというのは、やっぱりゲームフィッシュとして超優秀ってことじゃないだろうか? 最近はやっているのもうなずける。

再チャレンジしたいところだけど渓流が始まっちゃうな・・・。あ、準備しなくちゃ。
一番気がかりなのはウェーダーが入るかどうか(爆)
by rionpapa | 2007-02-25 02:42 | Salt

ひかりもの

おやおや、もう解禁まで1週間。

というのに、今年は旅行に行ったりしていたせいか、ワクワク感も何もない平穏な解禁を迎えようとしています。

そもそも3/1は出張だし(泣)

今年は暖かいから初っぱなからイブニング炸裂しまくりだろうなぁ・・・。

そういえば、最近夜の釣りでいよいよ目が見えなくなってきてライトが必需品になってきている。これまでは薄明かりの中でルアー交換はもちろんラインシステムでも組んでいた。ほぼ「目をつぶっても」できるもんだと思っていたんですが、いまやライトがないとルアーのアイにスナップがなかなか通らない有様(^^;;;

で、最近ライトに再び目覚めかけているのであります。

その前は車のヘッドライトにしこたま金をかけていた僕だが、懐中電灯系のきっかけはやっぱり釣りを始めてからのMAGLITE。MAGLITEと言えばあの頃はMustアイテムだった。バルブが暗いんで別売の明るいヤツに付け替えたりしてさ。

そのうちフィラメント系のSUREFIRESTREAMLIGHTあたりに手を伸ばし、そうこうしているうちにやたら明るいLEDライトが出てきて最近はGENTOSのSF301と手元にはナショナルのヘッドライトにほぼ固定。さて、かれこれ2年が経ったでしょうか?

その間、もちろん灯り業界も進歩していたわけですな。
FENIXのP1D CEとかCR123を1個しか使わないのに僕が愛用のSF301よりはるかに明るく、電池も持つらしい。CR123を2発でさらにその上を行くHuntLight FT01とか、LEDライトの世界もなにやら最近活気があるようなのである。

ちょっとまたそっち側の住人になってみようか? とか、通販の「注文確定」ボタンを見ながらつらつらと考えている金曜日の夜。

さて、そろそろ釣り行こ。
by rionpapa | 2007-02-23 22:50 | 物欲

心の柔軟体操

17日間の休暇。おそらくはリタイアするまでこれだけ長い休みは健康体で迎えることはないだろう。

普段あまりしないことをしてみよう。

大分へ帰ってからはとにかく徹底的に釣りをした。毎晩毎晩精根尽き果てるまで釣りをした。一度も魚を釣ったことのない場所限定で。でたらめに場所を決めて、「さて、ここで釣るならどうする?」っていうのをやった。自ら途方に暮れるのだ。さすがに恐ろしく釣れなかった。1週間、毎晩目一杯釣りをして釣れたのはシーバスたった3匹。しかも最大で45cmくらい。

でもねぇ、ものすごくおもしろかったのだよ。

バカだと言われるかもしれないけれど、普段なら絶対にしないことをやってみたかったのだ。2000円のビフテキを食うよりは、1匹で2000円もする究極のめざしを食うような、そんな贅沢がしてみたかったのである。

そして休暇は終わった。石垣でひたすらウダウダしたときも、でたらめにキャストを続けたときもずいぶん長く感じたものだったが、やっぱり終わってみればあっという間。終わってみると、何というか、ずいぶん心が柔軟になった気がする。ストレッチを念入りにやったあとのような、ちょっとした痛みを伴い、ちょっとしたけだるさを伴い、それでいてなんだかさわやかで、そんな感じ。基本的にあまりストレスはためないタイプだと思うのだけれど、やっぱりパンパンに伸びきっているところはあったんだなぁと・・・。勉強になった。

今日から社会復帰。何となく流されつつある仕事も久しぶりだととても新鮮。

多分、とてもよい休暇だったのだと思う。
by rionpapa | 2007-02-19 23:20 | 戯れ言

南の島の休日

石垣島に家族で行ってきた。1週間ほどのんびり。彼の地へは20年以上前に行ったことがあったきりだが、いや~、いいところだわ~。本来は天気の優れない季節らしいのだが、運良くほとんど好天に恵まれた。
b0032262_0585022.jpg

一応釣り道具も持っていったんだけど、結局釣りはせずじまい。遠浅の海のリーフエッジに打ち込めれば何か釣れそうな気もするけど、とにかく遠浅すぎ。リーフエッジは遙か彼方。
b0032262_0592956.jpg
それでも石垣島を一周してなんとかおかっぱりで勝負になりそうな場所を探したけど残念ながら見つけることができなかった。まぁ、正直なところ、冗談みたいにきれいな海を見て、絵の具をぶちまけたように青い空を見て、八重山そば食ってたら釣りなんかどうでもいいやって気持ちになっていたのも確か。海は湖のように静か。僕たちが泊まったホテルの前のビーチからは、ついに波の音が聞こえることがなかった。

いや~、しかし、暑かったっすよ。まさか2月の夜にクーラー入れることになるとは思いませんでしたわ~(笑) 最初の二日でガーッと観光して、あとはもうひたすらのんびり。社会復帰できるかどうかちょっと心配になるほど(^^; しかし、こういうところで育った人はきっと優しい人になるのだろうな。
b0032262_161445.jpg
意外に若い人が多くて、話を聞いてみると地元を離れても帰ってくる人が多いのだそうな。大分も田舎だけれど、ここの時間は本当にゆっくりと流れる。そして静か。車の音すら静寂を感じさせるほどに。

ドライブの途中で寄ったお店で「石垣島ラー油」を発見。で、すかさずゲット。
b0032262_110567.jpg
帰ってから早速野菜炒めに振りかけて試してみたけど、これが噂に違わず素晴らしかった。かけた瞬間にドワーッと香りが広がる。いつもと全然違う野菜炒めになった。こりゃはまりそうだよ。もっとたくさん買って帰ればよかったよ。ググってみればわかるけど、とにかく手に入らないらしいんだよね。

とまぁ、そんな感じで家族とこれだけの時間ベッタリと過ごしたのも初めてのことで、なかなか楽しい旅行でした。そりゃNZはちょっと惜しい気もするけれど、なんかね、僕の場合、釣りは非日常ではなく、日常であるものなのだと、そんなことも思ったのでした。

というわけで、これからちょっと出かけてきます(笑)
by rionpapa | 2007-02-13 01:14 | 戯れ言

こつこつと・・・

「NZ一人きり釣りの旅」はいつの間にか「家族で南の島のんびりツアー」に変身してしまった(泣)
いや、悲しいわけではないんですよ。家族で旅行なんて本格的なのは初めてだしね。

でも、嫁さんが買ってきた100Lのスーツケース(かなり巨大)を見て、「これ、やっぱり俺が運ぶんだろうなぁ・・・」と思うと出発日が近くなってくるにつれて多少ブルーな気分になることくらいは理解していただきたい(^^; はっきり言って空でも結構重い。

最近の釣りはというと、チヌをフライで狙うとどうなんかね?ってことでキャスト練習がてら狙っている。鯉は・・・どこかに行ってしまったみたい(^^;;;;; で、チヌの方。思ったよりも釣れる・・・と思う。とは言ってもまだ4枚しか釣ってないけど。まぁ、2月はいよいよ解禁準備月間ですからね。一年のうちで一番釣りに行かない月と言えるわけでして・・・・・。

b0032262_123677.jpg
去年あまり渓流には行かなかったので、フライのストックは十分にある。しかも行けなかったが故に反省があるではなく、従って新しいアプローチの発想があるわけでもなく、できの悪いフライを入れ替えようかと思ってもそれ以上にできの悪いフライしか巻けない現状ではタイイングのモチベーションもなかなか上がらない。机に鎮座しているレンゼッティのマスターバイスがかわいそう・・・。

先日遊び半分でフライの写真をマクロレンズで撮って等倍で見てみたら肉眼では見えなかったアラがげんなりするほど見えた。というわけで、現在は弾数を増やすと言うのではなく、1本入魂できっちり巻いて、写真を撮ってチェック・・・てなことをやっている。これが結構ムキになる。あ、だめだ。もう1本。やっぱりだめ。もう1本・・・。

気がつくとフライが量産されていた(笑)
by rionpapa | 2007-02-02 01:10 | Fresh