Radical Angler's Talk

<   2006年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

出張

週の前半、韓国に出張。何度か海外出張には行ったことがあるんだけど、韓国は初めて。プライベートでも行ったことがないので初韓国!

福岡から飛行機で約1時間。仁川空港に到着。羽田よりずっと近い。リムジンバスで1時間半ほど揺られてソウルのホテルへ着いたときはもうすぐ日付が変わろうかという時間。とりあえずそばのコンビニに行って翌日の朝食を仕入れてきた。
b0032262_2315969.jpg

アジアの国に行くと言葉に苦労する。日本語以外は英語がちょっとしゃべれるだけ。写真のおにぎりも中身が全く想像つかない。もちろん何が入っているのか店員に聞く度胸もなければ語学力もない。とりあえず4つ買ったんだけど、実はお茶にサービスでついてくるらしく、結局5個になってしまった。コンビニ袋をぶら下げてホテルに帰る。筋向かいのホテルに帰る間だけでポン引きのおっちゃんに3回声をかけられた。

こういうところにくると僕は断然土地のものが食べたい。「これぞ韓国!」っておにぎりはこの中に入っているだろうか? などと考えながら写真を撮ったりしていたらちょっとおなかが空いてきたので一つ食べてみることにした(笑)

おもむろに包装をはずしてぱくっと一口。ところがおもしろくも何ともないただのシーチキンマヨネーズ。これは不満が残る。ついついもう一つ手が出る(笑) 次は肉の焼いたやつ。う~ん、これも韓国って感じじゃないよな~。じゃ、最後にもう一つだけ(笑) ところがこれも肉みそみたいな感じで多少ピリッとはしているものの、韓国ならではって感じじゃない。気がつくと4つめを手にしていた(笑)

すると、チキンライスみたいな色をしたご飯が見えた。しかし、これはあれでしょ、当然。
b0032262_23104447.jpg

バクッと頬張る。来た来た~! キムチライス!!! これは結構辛い。しかし、これこそ韓国おにぎりでしょ。

で、気がついたら明朝の朝食用に残ったのは1個だけ(^^; ま、いっか。

翌日は仕事の後でおいしいプルコギをいただきました。仕事はスーパー疲れたんだけど、また行ってもいいな、韓国出張。

って、食い物だけかよ!!!(爆)
by rionpapa | 2006-09-28 23:18 | 戯れ言

思い立ったが

吉日ということで、台風前の風の強い中ビデオカメラをゲットしてきました。いろいろ迷った末に助言もあったのでCanonのHV10に。今現在猛烈に値下がりしている最中で、もうちょっと待てばもうちょっと安くなったかも?とは思いながらかなり阿漕な手を使って、知っている限りでは相当に安い値段で買いたたきました(^^;; 店員さん、長い時間振り回してすまんこってすm(__)m

帰って練習開始。スチルは結構いじっているのでまぁまぁそれなりに技術もあると思っているんですが、ビデオは初めて。娘もテレビに自分が写るのは初めてなので大はしゃぎ。試し撮りをテレビにつなげてみたんだけど、なるほど、僕の古いテレビでもその画質の差は歴然。こりゃ今更DVは・・・ねぇ・・・。しかしこの小さなボディーでこれだけの映像を撮ることができるという、その技術の進歩に愕然としますな。

で、調子に乗って夕方いよいよ本格的になってきた台風の様子を撮ってみようと外出(笑) う~む、ビデオも楽しいかも?

で、今はHDVの編集に耐えうるPCの物色に精を出しているところ(爆)
by rionpapa | 2006-09-17 22:35 | 物欲

ハイビジョン化計画

我が家のテレビは僕が独身時代に買った29型のブラウン管テレビである。ビデオデッキとDVDプレーヤーはあるが、DVDレコーダーは未だに持っていない。一眼レフのデジカメをはじめ、デジカメは4台あるけどビデオカメラはない。AV環境に関してはかなり「遅れてる」のである。

特にビデオカメラは世の親がそうであるように何度も誘惑に負けそうになった。「パパ、ダイチュキ~」とか言っている娘の姿を記録に残しておきたいと思わない親がいるだろうか? しかし、写真に比べビデオはおそらくそのコストに比べてあまりに利用頻度が少ないように思われる。何よりも僕がその撮影役になるのは当然の成り行きで、そうなるとスチルと比べて僕のイベント参加度は格段に落ちることになりそうだ。そんなこともあってビデオカメラの誘惑には堪え忍んできたわけですが・・・。

ここにきてそうも言ってられない事態になってきた。つまり、もうすぐ「娘の運動会」があるわけなんですよ。事ここに及んで嫁さんが「自分が撮る」と言いだした。ほんじゃま、というわけで、ビデオカメラの物色に乗り出した次第。

んでもって、ここが性分の出るところなんですが、今更DV買うのもね~と。どうせ買うならハイビジョンでしょ。でもそれならテレビもハイビジョンにしないと意味ないよね~。そうなるとやっぱりフルスペックパネルじゃないとな。あ、ついでにDVDレコーダーも欲しいよね。しかしBlue-RayだかHD-DVDだかも結論出てないし・・・かといってこれもいまさらDVDにするのもな~・・・。そうそう、PCで編集するには今のじゃ全然パワー不足だからPCもCORE2 DUOのやつにリプレースを・・・なんてやっていたら100万円なんかかる~く飛んでいくんですね(泣)

というわけで、とりあえずタイヤを交換するつもりのお金がビデオカメラになりそう。本当は10月に出るHDDのやつが欲しいんですが、これはタイミング的に間に合わない。キャノンとソニーとどっちがいいと思います?

で、タイヤは冬のボーナス一括で・・・(^^;;;
by rionpapa | 2006-09-14 00:15 | 物欲

原点回帰

最近何をやっているかというと、実はバークレーのGulpを使った「餌釣り」を試しているのである。

もともと僕の釣りの原体験というのは近所の川での「ハゼ釣り」だった。まわりを畑に囲まれた新興住宅地(?)に引っ越して、その畑の脇に積まれた牛糞をほじくり返すとミミズがそれはもうウジャウジャと捕れたのである。それを使って放課後に魚を釣るのが日課だったのだ。

-そう言えばさすがに毎日牛糞まみれになるのはイヤだったので、ある時ミミズをこれでもかと言うほど大量に捕獲して庭に転がっていたトロ箱に土を入れて飼育しようともくろんだことがある。しかし翌朝にはあれだけ大量にいたミミズが1匹もいなくなっていた。今でも実家の庭にはあのときの子孫が営々と血脈を保っているのかもしれない-

閑話休題。要するに僕の釣りは餌釣りが原点だったのである。今は95%以上がフライやルアーの疑似餌釣り。もちろん、ルアーやフライで釣るのはおもしろい。おもしろいが、おもしろさで餌釣りが劣るとはこれっぽっちも思わない。おそらく、釣りは何でもものすごくおもしろいのだ。それがこれまでの僕の経験からの結論。

単に僕の場合は「いつでも思い立ったら釣りをしたい。」だけなのである。「週に一度だけなんてイヤ~ン」なのである(笑) これには餌のいらないルアーやフライは実に好都合だ。でも、最近は休日に改まって釣りをしようとすると、チヌの落とし込みやら鯛をぶっ込みで狙ってみたりだとかカゴ釣りでアジを狙ってみたりだとかすることが多かったりする。疑似餌ならば毎日30分の釣りが可能だ。しかし、餌釣りではさすがにそうはいかない。もちろん餌は冷蔵可能なものもあるけれど、冷蔵庫にゴカイを入れたら即座に僕は離婚される(笑)

で、Gulpなのである。うたい文句はリンクの通り。「本当かよ?」というわけでかれこれ10回ほど主に投げ釣りで使ってみた。このうち3回は2本針仕掛けにゴカイとGulpをつけ分けてみたんだけど、驚くなかれ、釣果はGulpの方が若干良い。生き餌にどれだけ迫れるか?くらいのつもりで臨んだだけにちょっと意外な結果だった。波もあるのでこれをもって人工餌がついに生き餌を抜いた!なんて事を言うつもりは毛頭ないが、まぁ、今のところ少なくとも「遜色ない」レベルでは釣れているのである。つまり、「使えそうだね、これ。」というのが今のところの結論。ちなみに今のところ釣れた魚はキス、コチ、アジ、フグ、ベラ、チヌ、キビレ、セイゴ、小さなタイ、カワハギ・・・くらいだったかな?
b0032262_23225783.jpg


ひょっとしたら今後の釣り人生にかなり大きなインパクトを与えることになるのかもしれない。
by rionpapa | 2006-09-13 23:35 | Salt