Radical Angler's Talk

<   2006年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

濁流

久しぶりに釣りをする時間が取れそうな日程で竹田に出かけたので、釣り道具もいそいそ車に積み込んで土曜日に出発。行きがけに見た川は濁流と化していたが、これも一日雨が降らなければ釣りができるほどにはなるでしょうと・・・。

しかし、ご存じの通り土曜の夜にも大雨が降って、日曜日は土曜日以上の濁流。久しぶりに全く釣り竿を握らない週末となった。

あきらめて土曜日はこれまたものすごく久しぶりに麻雀した(親戚一同が好きなのよ・・・)んだけど、運のかけらもない惨敗。

最近感じていた強い運気の流れはどこへ行った???
ひょっとしてもうおしまい? (^^;;;
by rionpapa | 2006-06-26 00:39 | Fresh

釣れども釣れども・・・

ここのところご無沙汰の平日ちょこっと釣行。

今日は何の気配も感じられない平板な流れの中から意外なほど魚たちが顔を出した。しかし、しかし、釣れども釣れども50cmを超えることはなく・・・。30cmにも満たないやつがレアフォースを咥えてピチャピチャと上がってきたところで糸が切れた。撤収。

対岸では2回ほどよいサイズのボイル。土曜の夜に見たやつか? う~ん、そろそろウェーディングするかなぁ・・・。

おかっぱりスタイルになってから、いや、実際にはそれよりも前からか? 釣りはもちろん楽しいんだけれど、釣り場にいてボーッとするのがこの上ない安らぎだったりする。実際タックル持たずに1時間くらいポイントにいる事ってざらで、タバコすったりコーヒー飲んだりボーッとしたり、妄想をたくましくしたり・・・。釣りはしているんだけど、「釣りをする」というよりは「釣り場で過ごす」と言った方がむしろしっくりくる。

これ言っちゃうとおしまいなのかもしれないけれど、「釣れなくてもいいや」って気分になってしまっているのである。少なくとも、「爆釣」なんて言葉に以前ほどあこがれがなかったりする。もっと言ってしまうとそんなに釣れるとめんどくさいとすら・・・(^^;;;

釣りと、釣りにまつわるエトセトラと、僕との距離。なんだか微妙な感じになってきている気がする。離れすぎると寂しい。だからといってベッタリだと疲れる。ほどよい距離感を手探りしつつ、あきらめず、飽かず、たゆまず、奢らず、とりあえず流れる時間と共に前に進むしかない。

川と、魚と、ロッドにリールにお気に入りのルアー、それからタバコに、携帯灰皿に、コーヒーと、折りたたみのイスと、明るいライト。欠くべからざる僕の釣りのためのアイテム。どれが欠けても今の僕の一人きりでの釣りは成立しない。これをスタイルの確立というのか、硬直というのか? 答えはやっぱり川にあるはずなのだ。やはり、行くしかないのである。
by rionpapa | 2006-06-21 21:23 | Salt

高活性、しかし苦戦

家族がそろってまたいつもの日常が再開された。

雨のそぼ降る中、レインウェアを着込んで本日も出撃。チェコ-ガーナ戦の経過を気にしつつルアーをキャストする。最近お気に入りのポイント。入って程なく、満潮前に一度流れがサーッと走ってここでワンダーにヒット。ヒット直後の手応え、えら洗いしないところからもそれなりのサイズと思われた。フックセットの後、いよいよファイトに移ろうかというところであっさりとばらし。うむむむむ~・・・。

そうこうしているとkiyopとM君が到着。何となく毒気を抜かれた感じなので、二人がウェーディングして攻めるのを雨の中座って観戦。チェコ-ガーナを携帯でチェック。げげ、ガーナが1点取ってるよ・・・。対岸でド派手なボイル。おぉ~、アレはでかそうだ。でも、ちょっと僕には届かない。ウェーディング組に期待。

その後もボイルはあちこちで頻発するも、増水の割にはメリハリのない平板な流れでポイントも絞り込めず、その後はバイトもなくそのまま終了。どうも魚は定位している風ではなく、低位ポイントからかなり遠くまでベイトを追い回している印象。こういう半端に活性が高い時って意外と苦戦する。今回もやっぱりそうだった。

東の空が明るくなりかけたところで撤収。ちょっとチャンスだと思っていたんだけど、最初のばらしがすべてだったかな。
by rionpapa | 2006-06-18 21:38 | Salt

放し飼いFinal

いよいよ明日は嫁と娘がご帰還の予定。今頃太平洋の上だな。

ということで、最後の夜をめいっぱい楽しむべく今日も出撃。ただし、日本戦があるので早々に退却。本日も好調。ポロポロポロと3匹釣って満足して終了。

今、僕のタックルはBeastBrowlにPE1.5号、リーダーは25lbの先に40lbって組み合わせ。タックルの強さ的にはまぁおよそバランスが取れて特に弱点はないかなぁと思ってる。あえて言うとフックが#6になるとさすがにつらいかな? 今はそのくらいのルアーじゃないと食わせられないのがちょっとつらい。

これはあくまでも僕の価値観で、ということで言うと、通常僕が楽しんでいる魚釣りは「掛けたら勝ち」だと思っている。掛けること最重要。もちろんばらせば悔しいし、サイズも気になるところだけど、釣りを楽しむ上でのカタルシスは僕の場合掛けるところにある。もうちょっと具体的にシーバスで言えば、当たりがあって、グイッと合わせて、ドババババッっとえら洗いしたところで最高潮。あとのでかいか小さいかなんていうのはおまけみたいなもので、あの一瞬が味わいたいがために釣りをしているといっても嘘じゃないと思う。うん、再度自問してもやっぱりそうだと思える。だからといって掛けたらあとは勝手にばれてくれた方が助かるとまでは言わないし、ポイントのないフックで釣ろうとも思わないけれど。

でも、僕の夢はでかいのを釣ることにある。エノハの40オーバー、シーバスのメーターオーバー。それらはカタルシスの先にある。つまり、それは抑圧された感情の解放ではなく、純粋な夢であり、目標である。↑のタックルもそれがもし来てもそのときは戦えるようにという備えというか志のようなものなわけですな。そしてそれは夢であると同時に恐怖でもある。それを達成したとたんにモチベーションがなくなるかもしれない。実を言えば、エノハの40は一昨年達成しちゃっている。でも、場所が場所だし、ドライじゃなかったし・・・と言い訳しつつ自分の中でそれはなかったことにしようとしている。それでもやっぱり以前のようにしゃかりきになれない自分にも気がついている。50狙えばいいじゃんと思われるかもしれないが、それはやっぱりどう考えても目標にはなりえない。

以前シーバスも99cmを釣ったことがある。えぇ、そりゃもう悔しかったですよ。しっぽ持って振り回したら1cmくらい伸びないかしらと思わずしっぽに手が伸びそうになりましたとも。でも、無茶苦茶悔しいながらもどこかでホッとしている自分がいたのも確か。

ラッキーで望外の大物釣り上げてモチベーション失うよりは、一生追い求めて死ぬときに「あぁ、釣りたかったな、メーターオーバー」とつぶやきつつ旅立つ方がすてきな人生に思える。

でも、やっぱり釣ってみたいよなぁ・・・。

おっと、そろそろキックオフだ。
by rionpapa | 2006-06-12 21:55 | Salt

放し飼い2

満喫中。あっと今にあと二日。やっぱり寂しいのは最初の二日くらいだった(笑)

釣りはミノーで探ってシンペンで食わせるというパターンが継続。釣れるサイズは相変わらずだけど時々まぁまぁのが混じる。数釣りという意味ではかなり好調。
b0032262_17184327.jpg

これから1ヶ月はワールドカップで忙しいので多分あんまり釣りには行けない。あれからもう4年も経ったのね。未だに信じられない出来事だ。ワールドカップでジーコだのロッシだのにしびれていた頃、まさか自分がそのスタンドにいる事になるとは夢にも思わなかった。そう、夢ですらなかった。全くもって信じられない。ワールドカップが日本であって、しかも自分の家の近くで試合があるだなんて。

幸運というのは結構あちこちに転がっているものなのかもしれないね。それを見つけることは難しいけれど。
by rionpapa | 2006-06-11 17:25 | Salt

くじ運

僕ははっきり言ってくじ運が悪い。宝くじは300円以外当たったことがない。先日はパークプレースの福引きで50本くじを引いたけど50個キャンディー(はずれ)をもらった。ついには先日ある集会に動員がかかって参加したんだけど、途中で退出したらそういうときに限って大型液晶テレビが当たって呼び出されたけどいなかったので無効になってしまったらしい(涙)

うちの嫁さんは結構くじ運がいいらしい。宝くじでも100万円を当てたことがあるそうで。うちの娘はどっちに似るのかねぇ・・・。

ところが今日、さっき宅配便の人が荷物を届けてきた。何か届く予定はなかったんだけど、見てみるとなんと何の気なしに応募した懸賞に当選してデジカメが当たってしまったようなのである。
b0032262_2050375.jpg
すごく安いやつなんだけどね。別にデジカメ欲しいわけではないけど単純に嬉しかった。

試しに写してみると使い勝手はともかく、絵はさすがハニカムCCDって感じで結構良いのである。そういえば最初のデジカメはQV10だったけどそれから3台続けてFUJIだったな~・・・。

ひょっとしてくじ運上向き? ↑のくじも一応はかすったわけで、ひょっとして次は大当たり引くかも?

宝くじにするか、釣りに出かけるか・・・。
by rionpapa | 2006-06-07 20:54 | 戯れ言

放し飼い

本日より9日間、嫁と娘は旅行で不在。なんと僕を差し置いて「僕の従姉妹」の結婚式に出席するためアメリカへ。結婚式はもうほとんど付け足しで、うちの両親とやれディズニーランドだグランドキャニオンだと大騒ぎで旅立っていった。結婚式は日程の最後の方。それまではサンタモニカのビーチにほど近いコンドミニアムで優雅に過ごすんだそうである。嫁さんと、そしてもちろん娘ともこれだけ長い期間離れ離れになるのはよく考えたら結婚してから初めて。

そして僕は「放し飼い」なのである。

もう、何をしようと自由である。やりたい放題なのである。平日の夜中に釣りに行こうと(でも、体力がもたんな・・・)、夜中に大音量でHなビデオを見ようと(でも、近所迷惑だな・・・)、風呂上がりに素っ裸でいようと(でも、今風邪気味なんだよな~・・・)、夜遅くまでベッドで灯りを煌々と点けて読書しようと(でも読む本がない・・・)自由である。う~ん、何しよう・・・(^^;;;

まぁ、何をするにしても「全く気兼ねなし」というのは大きい。同じ事をやるにしても嫁さんの目を気にしながらびくびくしながらやるのとはわけが違う。自由である。 I'm
Free! Viva!Freedom!!! あぁ、自由ってなんてすてきなんだろう!!!

と言いつつ、初日はどこへも行かず、何をするでもなく、おとなしく家に帰っていつも通りパソコンの前に座っている僕・・・。とりあえずコンビニでお菓子を買って一人でボリボリと一袋全部食べてみた。

胸焼けする(笑)

糸の切れた凧は、どこまでも飛んでいくことなんてできなくて、実はテンションを失い、風を受けることもできず、そのままその場に墜落してしまうのである。なんてことを一人きり、静かな家で思いつつ・・・。

とりあえず明日の朝は犬の散歩に行って、餌をやって、生ゴミを出す・・・と(^^;;;
by rionpapa | 2006-06-05 21:06 | 戯れ言