Radical Angler's Talk

<   2005年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

イカイカ

明日は年に一度の船でイカ釣り。去年は市販の仕掛けを使ってみたら船長供給の漁師仕掛けを使った初体験氏にも惨敗。一般的な市販の仕掛けは1.5mおきに7本スッテ。これに対して漁師仕掛けは3mおきの10本スッテ。前者は9m、後者は27mのタナを探れるわけで、こりゃ勝負にならん。幹糸も市販が8号、漁師仕掛けは14号。漁師仕掛けの方はとにかく長いので扱いを間違うとすぐトラブる。しかし、太糸使っているのでトラブっても復旧は何とかなる。ところが去年の市販の仕掛けはいったんトラブるとどうしようもなくて、久しぶりに船で気持ち悪くなってしまった。大体漁師仕掛けってそういうのが多いよね。サビキにしたって30本ついてたり(笑) 釣れるタナを探って云々が楽しみでもある遊びの釣りとはスタンスが違うのである。とにかく何が何でも「獲る!」のである。その辺の気合い、迫力が漁師仕掛けにはあって、しかもその作り方も結びとかエダスの出し方とかとかも一般の市販ものとは違って興味深い。勉強になる。問題は雨だけど、さて、どうなりますことやら・・・。

ところで最近のルアー、特に水面絡みのやつって先日買ったRipplePopperなんかもそうだけど、非常に微妙な浮力調整が施されているものが多い。↑のように淡水で使うとシンキングになっちゃうとかいうのはともかく、フックを軽いものにしたら水面に顔出し過ぎとか逆に重いフックにするとちょっと潜り過ぎとか結構ある。あまりにフックが貧弱なので強いのに変えるとアクションが全然変わってしまったり・・・。それはまぁ、指定のフックを使っていればそれでいいわけだけど、海水域、汽水域、へたすりゃ淡水域でも釣りをする身にとってはこれはゆゆしき事態になる。しかも結構好きなルアーでそういうのがあるから困る。仕方がないので主にフックの種類を変えて、浮力チューニングをすることになる。そうすると同じ種類のルアーをフック違いで2,3種類持つことになるわけで、加えて色違いが・・・・・・そりゃ持って行くルアーが増えるわな(^^;;; ついでにいうとフックも同じ番手を重さ違いで4種類位持っていて、これも補充するとなると結構な金額になる。淡水域で重いの使ってみたりして新たな発見があったりでそれはそれでおもしろいんだけどね。で、こんなにこだわっているのに全然釣れない僕の釣りはなんて上品なんだろうかと(笑)

こだわりと言えば、先日ついに念願のフライリールを入手。うれしい・・・・・・けど、渓流っていつ行ったっけ?(-_-;
by rionpapa | 2005-07-29 22:54 | Salt

キビレのマンション

会社を早く退社して明るいうちにポイントへ。なにやらパシャパシャやっているがシーバスじゃなさそう。今日は新しいルアーを手に入れたのでそのテスト。Tuned KTENのリップルポッパーなんですが、これってほぼ淡水だとシンキングになっちゃうのね(^^;;; とりあえず泳ぎを確かめてからパシャパシャの正体究明にかかる。

ま、トップでしょ。ってことでトリプルインパクトの小さめのを投げてみる。流れの脇のヨレ、一発で出た。やっぱりシーバスとは違うちょっと鋭角的な引き。上がってきたのはキビレ。35cmくらい。うわ、こんなところでも釣れるんだ。しかもトリプルインパクトで(笑) トリプルインパクトとキビレのツーショット。ん~、なかなかいい画だ。しかし、さすがに会社の行き帰りにカメラは持っていないのでちょっと惜しかったけどそのままリリース。その後すぐに小さいシーバスがかかるけどジャンプ一発でばらし。さらにその後キビレを3枚追加。ん~、なんか異様に活性が高い。本当はトリプルインパクトから徐々にサイズを下げていくつもりだったんだけど、そのまま終わってしまった。

どうやら岸側のシャローはキビレのマンションというか食堂になっているらしい。別の所でも友人が釣ったと聞いたし。多分、珍しいんじゃないか、と思う。
by rionpapa | 2005-07-27 22:09 | Salt

ホラー

お盆にはまだちょっと早いけど、釣りをしていてふと気持ち悪くなったことが2回ある。断っておくが、僕は霊感が強いとかいうことは全くない鈍感な人間である。

一度はシーバス狙い、大増水の大野川で釣っていた時、しかも一人きりの釣行。何の前触れもなく、後ろから見られている気がして仕方がなくなった。何となくその距離感も感じられる。10mくらい後方から僕をじっと見ている気がして仕方がない。歩いてちょっと場所を移動してもダメ。いい加減いやになって早々に撤収した。こんなことは初めてだった。これは本当の話なんだけど、最初に感じたまさにその場所(らしい)で、翌日水死者が出た。その偶然の一致よりも、どっちかというとそんな危ない場所で危ない状況の時に釣りをしていたことにゾッとした。本当にあの視線は、僕を誘っていたのかもしれない。それっきりシーバスではウェーディングをしなくなった。
もう一度はやっぱり一人きりで昼間、川で釣っていた時。谷を釣り上がっていた時のこと。やっぱりその時も谷の上から誰かが僕をのぞき込んでいる気がした。この時も気持ちが悪くなって早々に場所を大きく移動した。そこで何があったのかは知らない。

が、基本的にはそういうのを怖がる方ではない。そんなことがあってもくだんのポイントでは今でも毎日のように釣りをする。別に必要に迫られないからそんなことはしないけど、例えば墓場で野宿することになっても全然平気だ。例外的にホラー系で怖いというと僕の場合は人形にとどめを刺す。それも目が書いてるんじゃなくて、ガラス玉とかの入った変にリアル系のやつ。寝かせたら目を閉じて・・・ってタイプなんかは最悪である。明るいところならなんてことはない。夜、そいつが自分を見ていたりするとどうもいけない。「チャイルドプレイ」なんちゅー映画は映画としては全然つまらないけど僕には正直怖かった。「呪怨」の次に怖い。

女の子が産まれた時、実はこれを危惧していたのだが、ついにその日がやってきた。つい先日、会社から帰ると娘が喜色満面で僕に人形を見せてくれた。最悪のやつだった(泣) しかもやっぱり、寝る時も一緒に寝るのである。幸い今は娘と嫁さんは床に布団で寝て、僕だけベッドで寝ているので夜中に目にはいることはない。ちょっと、かなり、いや、すごく安心していたのである。

が、油断したのがいけなかった。先日僕だけ先に眠ってしまった。で、ふと目が覚めると目の前に、10cmくらいの所に、その人形がこっちを向いていたのである。寝る時に娘が置いていたらしい。正直に言いますけど、悲鳴が出ました。嫁さんは起きなかったけど、娘はビックリして泣き出しました(笑) こういうのは慣れない。今も隣の部屋で娘はその人形を抱いて眠っている。正直に告白すると、あんまり寝室に行きたくない。でも、なんか男の意地があって嫁さんには言い出せないでいる(笑)

他に怖いものをいうと蛇だよな、やっぱり。嫌いじゃなくて、怖い。最近犬の散歩に近所の公園まで行っているんだけど、3回連続して蛇を見かけたのでその公園には行かないことにした。犬を車に乗せて河原まで行って、そこで散歩している(^^;

そんなこんなで最近怖いものに良く出会う。まんじゅうコワイでメータースズキと40cmのエノハも怖いと言っときますか(笑)
by rionpapa | 2005-07-27 00:04 | 戯れ言

シンペン

昨夜は送別会があって終わってから興が乗ってしまったので歩いて家まで帰ったらものすごく疲れて釣りに行く気がしなくなった。だけど何かに追い立てられるようにとりあえず出撃してしまった(笑) 10投ほどして義理は果たした(誰に?)とそそくさと撤収。もちろん何にも起きませんでした。

相変わらずマイブームはラパラのリップレスとワインドの両極端。特にリップレスの方はほとんどシーバス始めた頃からボックスには入っていたけどこれほどの頻度で使ったことはない。この威力に今頃気づくのはそもそも遅いわけですが(^^; 最近では当たり前になったシンキングペンシルの元祖と言っても良いのだと思う。途中ちょっとブランクがあった後に再開した時、ワンダーに大はまりしてからシンキングペンシルははずせない。新しいのが出るたびにとりあえずは買ってみた。さすがにここ数ヶ月は飽きた(笑) さて、僕はいったい何種類のシンキングペンシルを持っているのでしょうか? 一軍ボックスに入っているのはワンダー、ブルースコード、ヨレヨレ他8種類ほど。

先日昼間に手持ちのシンキングペンシルを昼間に投げ倒してアクションを比較しながら確かめてみた。ラパラのリップレスが爆発した時、当然他のシンペンではどうなんだろうと試しては見たんだけど、その破壊力は遠く及ばなかった。ラパラvsその他の構図になってしまっていたのである。彼我の差はいったいどこに?

やってみればすぐにわかる話はラパラが最もおとなしい、というか、尻振りアクションはともかく「もがかない」のである。平たく言えばヒラを打たない。ローリングしない。その他あまたのシンキングペンシルが程度の差こそあれ体中をクネクネさせながら悩ましげに尻振りダンスを踊るのに対し、ラパラだけは「気を付け」したまま尻だけ振っているような(笑) 何となくやっぱりCDの系譜なんだよなぁと納得させられるものがある。あとは微妙な差だけど同じリトリーブスピードなら泳層が一番浅いかな? ってことくらい。他は程度の差であって「ラパラが一番◎◎」ってのはなかったように思う。

あれほどの歴然とした差はいわゆる「絶妙なバランス」的なものではなく「一番◎◎」っていうのがファクターになると思うんだよね。僕はルアーをチョイスする場合、それも釣れなくてジタバタする場合には極端から極端へ振ってしまうことが多い。例えばサイズとか動きとかタナとか。で、何か関係しそうなファクターが見つかったらそれを徐々に狭めてベストな条件を探っていくという作業に移っていく。これをやるには考えられるパラメータを振れるだけのルアーのストックが必要になるのはもちろんだが、それぞれのルアーの特性を抑えておくことが必須になる。それほど厳密にできているわけではないけれど、それでもここ数年は夜の実釣よりも昼間のテストの方がキャスト数は多いと断言できる。経験と共にパラメータは増えていく。一方「これは関係ない」と言い切れるパラメータもないために、ルアーの数はどんどん増える。もちろん両極端特性のルアーだけでは不安なので中庸のレンジのルアーも相当数入る。かくして僕のタックルバッグはどんどん重くなっていき、最近はバッグをしょったままで釣りをしていると肩と腰がまず悲鳴を上げる(^^;;; 実際に釣れることよりもそうやって試していることの方が楽しいんだから仕方ない。はっきり言って効率は悪い。それなりのルアーを使っている方が間違いはないのである。でもそこには「釣った」という気分(勘違いかもしれないけど)が確実に存在する。
by rionpapa | 2005-07-23 09:30 | Salt

スペイ

実はこっそりとスペイの練習をしていたりするのである。最近はただの練習に飽き足りなくて、実際にフライを付けてシーバスのポイントでロッドを振ることもしばしば。だけどいつもいくポイントはダブルスペイ必須となるので夜はかなり怖い。というわけでやっていると言ってもほんのちょっと、トータルにして300投位のもんだと思う。

で、先日、練習(あくまでも釣りじゃなくて練習)していたら、カツンと当たりがあった。やった。当たるじゃん。ってことは、釣れるかもしれないじゃん。かすっただけだけど、ちょっと勇気が出てきた。

それだけ。
by rionpapa | 2005-07-21 22:45 | Salt

所変われば・・・

3連休はプチ遠征。最近ホームではまっているラパラの威力ははたして・・・っていうのがテーマ。イナッコが死ぬほど群れている場所でボイルバシバシ。でも釣れないって状況で、やっぱりラパラは強いのか? 前にも書いた通り苦手なシチュエーションなので、そういう目に遭った場所は両手はともかく片手には楽勝で余る。そんな場所ひとつひとつで仇を取ってやろうという目論見。

ところが、イナッコいません。ボイルありません(泣笑) それぞれの場所でとりあえず投げては見るものの、結構普通の釣り方で釣れてしまう。う~ん、振り上げた拳をどこへ・・・・・・・・・。

5カ所目でようやくそういうシチュエーションに出会う。ここで走行距離120km。満を持してラパラリップレスの登場。そ~れ、食え、食え、食え!!! はぁ~、リップレス万能じゃないのね(^^;;;

粘っている間に東の空が明るくなってきた。こりゃもうダメだ。最後にソフトベイト付けてワインドを試してみた。1投目。4回目か5回目のジャークでいきなりヒット。う、動いた方がいいんですか?

たまたまかもしれないけど静と動の両極端。混迷の度合いは深まる。まぁ、釣りの幅が広がったということで・・・(笑)
by rionpapa | 2005-07-18 22:25 | Salt

落とし込み

スカパー!見ていたらルアーの落とし込みでチヌをビシバシ釣っているのを見てしまったので、とりあえず「イガイなimo-to」を入手。昼間に湾港部へ出撃。

始めて10分くらいでバイト。結構引くんだけどばらし。その後粘るもそれっきり。これははまるかも?

この雨で大野川も大増水。きっとポイントがまた変わるんだろうなぁ・・・。
そういえば今年はウナギ釣りの人がずいぶん多い。ひょっとして釣れてるのか?
by rionpapa | 2005-07-10 17:35 | Salt

連発なれど・・・

状況のいい時に限って忙しくて釣りに行けない。

木曜日は小倉へ出張、博多泊。金曜日は長崎で会議。家に着いたのは12時前。疲れた。さすがに疲れた。が、モチベーションの高い時は体を引きずってでも釣りに出かける。いいのが釣れそうな予感。久しぶりにカメラを準備する。さらに雨の対策装備を積んでメジャーポイントへ。最近いいのが上がったらしい。この状況なら多分いっぱいだろうなぁと思っていたんだけどなぜか誰もいない。ラッキー、ほんじゃわたし、やらせてもらいます。

雨も上がって釣りを開始する。相変わらずベイトはイナッコ。とりあえずラパラのリップレスで探ってみるとすぐにヒット。50cm前後ですか。やはり活性は相当に高そう。嵐とまでは言わないまでも、そこら辺中でボイルがある。ラパラでその後も連発。しかしサイズが上がらない。一番大きかったので60cmくらい。5匹釣ったところで小物いじめに飽きる。でかいのを釣るにはどうすればいい? このまま数を重ねていけばいいのに巡り会えるのか? それともやり方から変えなければならないのだろうか? この時の僕は後者を選択。数はともかくでかいのの実績が僕の場合はないリップレスをしまってデカイの狙いに変更。

・・・・・・・・・・なんでこんなに釣れないんでしょうか?(^^;;; 手持ちのルアーをとっかえひっかえしておそらくは色はともかく種類では半分くらいのルアーは試した気がする(知っている人は知っているが、僕が常時持ち歩くルアーの数はひょっとしたら大分一(自称)かも?と思うくらい多い)。しかし、ヒットどころかかすることもまれで、なんとかかすることができたのはレアフォースだけ。あとワンダーで多分反転されたというのがすべて。その間にも確認の意味でラパラを投げるといとも簡単に釣れてしまう。本当に何なんでしょうか? やっぱりこの動かなさ? 試しにアスリートのリップを折って投げてみる。これには反応あるけどヒットには至らず。どう考えても動きすぎるルアーは嫌われているのに間違いなさそう。結局いろいろ試しつつ試すのに飽きてはラパラのリップレスを投げて「やっぱり釣れちゃうよねぇ・・・」を繰り返してちょうど10匹釣ったところでギブアップ。丁度常連のYさんが来たので少々話をしてから撤収した。

考えてみたら一晩で二桁いくなんてことは滅多にないことで、本当だったら大喜びしなければならないはずなのである。いや、もちろん嬉しいのは嬉しいんですが。それにしてもこの欲求不満は何だろうか? 狙っているでかいのが釣れないから? 自分が釣ったんじゃなくてルアーが釣らせてくれているのが明らかだから? 新しい何かが見つからなかったから? 全部違う気もするし、全部当たりのような気もする。

年々釣りが魚相手と言うよりは自分自身との心理戦という様相を呈してきている気がするんだよね。健全なのか、間違っているのか・・・。多分、間違っているんだろうなぁ・・・。
by rionpapa | 2005-07-09 21:16 | Salt

Trip on the PC

最近プチはまりなのがGoogle Earth

これ、PCで地球の好きな地点をどんどん拡大していくってソフトなんだけど、意外とこれがおもしろかったりするのである。衛星写真を使っているので結構な解像度で見えてしまう。さすがに我が家はわかりませんでしたが、団地は確認できた(笑)
東京あたりはさらに詳細な写真になるので道路を走っている車の色くらいは楽勝でわかるし中国の天安門広場の人影はただの点ではあるが確認できる。

で、まずやったのが自分が行ったことのある場所を拡大して「おぉ~! ここだここだ! 懐かしいなぁ~。おもしろかったな~。また行きたいな~。」と感慨に耽るという・・・(^^;;;
新婚旅行で行ったオーランドのショッピングモールとか、プレ新婚旅行で行った香港のホテルとか、出張で行ったバーリントンの湖とか。ところが悲しいかな海外渡航経験が乏しいためにすぐにネタ切れ(泣) 仕方がないので超有名なランドマークだの遺跡だのを探しては「スフィンクスって結構集落のすぐそばにあるんだな~」とか、「ペンタゴンって本当に五角形なんだな~(当たり前)」とか。従弟が住んでいるロスのアパートも確認できた。昔から地図を見て空想するのが好きではあったのだが、さすがに写真は迫力が違う。公開直後にすぐCloseされたみたいだけどまた再開しているのでお薦めです。

う~む、すごい世の中になったモンだ・・・。考えてみればメモリ4KBとかの時代からコンピュータには関わっていたのでその進歩たるやふと気がつくとものすごいものがある。あぁ~、なんかじじぃな感慨に耽ってしまうなぁ・・・。

それに比べると釣りって確かに進歩はしているけどそれほど想像を絶するってほどでもないよね。想像を絶するのは魚の減り方や、あの川、あの海の変わり具合だけであって、結局魚は変わらない。今も昔も糸をつなげた小さな針に魚を引っかけようと四苦八苦するバカ者が大勢いるわけで、ふと考えるとこの釣りという趣味って数ある趣味と言われるものの中でもずいぶん歴史の長いものだよなぁとか、画面に広がる赤の広場を見ながらつらつらとそんなことを考えた。

さて、今週は待望の雨。いいことありそう。でも、出張で出撃できません(T_T)
by rionpapa | 2005-07-04 22:48 | 戯れ言