Radical Angler's Talk

<   2005年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

つなぎ目

やっぱり雨が降るといいのが釣れるよね。最近は苦手克服強化キャンペーンの実施中。

ところで最近手にするロッドというと圧倒的にザウルスの82が多い。最初手に入れた時にはあまりに硬派すぎて即お蔵になってしまったロッドなのだが、使ってみるとこれが意外に扱いやすくて良い具合なのである。特にここ数年釣れようが釣れまいがでかいルアーを投げる機会が多いのでこれしかないとも言える。

正直言ってザウルスのイメージ自体はあまり好きではない。コスメも僕はうるさい方ではないのだが、あまり好みではない。しかし、何はともあれとにかくすごいと思っているのはそのジョイントの精度なのである。僕はザウルスのロッドってこれしか持っていないので他は知らない。ひょっとしたら同じ竿でも僕のがたまたま当たりなのかもしれないが、とにかくまさに「吸い付くような」感触なのだ。あまりのすばらしさに僕の部屋にある100本以上のロッドをとっかえひっかえして繋いでみたことがある。ダントツに素晴らしい。もちろん投げやすさ、シーバスロッドとしては破格のハードさながら意外としなやかさも兼ね備えること、さすがだねって思わせるものがある。もうちょっと軽いと言うことないんだけど・・・。

ジョイントの精度なんて機能的にはある程度の精度があればそれほど効くところではないのだろうが、とにかくロッドを繋いだ時に、「よし、やるぞ!」って気分になってしまうほど気持ちがいいのである。こんなロッド僕は他に持っていない。

てなわけで一番のお気に入りになっちゃってるわけですが、折れたら修理できるんでしょうか?(^^;;; そんなこんなでオークションで探してはとりあえず入札してみたりしている。高くて落ちないけど・・・。
by rionpapa | 2005-06-30 20:07 | Salt

つい起きてしまったためにブラジル戦を最後まで見てしまい、眠くて眠くて仕方のなかった今日、嬉しいニュースが入ってきた。広島東洋カープの野村選手の2000本安打達成。
実は小中高の後輩で、小学校の野球クラブと中学校の野球部でも後輩であったりする。中学の時は入れ替わりだったけど。あのちっこくて細くて生意気さだけは天下一品だった奴がこんなすごいことを達成するとは。とてもとても嬉しい。今夜は滅多に飲まない酒を飲んで、祝杯を挙げようと思う。

おめでとう。
by rionpapa | 2005-06-23 21:50 | 戯れ言

CDL

やっぱりカウントダウンのリップレスだと釣れてしまうのである。先日のポイント。やっぱりベイトの絨毯、ただし、ボイルは控えめ。この状況の中で、CDLだけ4回のバイト、3匹のゲット。他のルアーには反応なし。ちなみに11cmのリップレスはちょっと動きすぎるのか反応は芳しくなく(それでも1匹釣れたけど)、9cmは入れ食いとはいわないまでもこんな簡単でよいのか?と思われる強さを発揮した。無秩序の中の秩序も目立つということなのだろうか? もちろん、他のルアーも投げた。他のルアーを投げていた時間の方が遙かに長かったのである。でも、結果は全くのノーバイト。う~ん・・・・・。

とりあえず通販のページでCDLは見つけたので大量購入。多分一生分(笑)
by rionpapa | 2005-06-22 23:33 | Salt

苦手克服?

金曜日は夜中にちょっとポイントを見て回るつもりで車で出発。とあるポイントでベイトの絨毯、ボイルの連発。ベイトはイナッコ。苦手なパターン。そう、苦手なパターン。僕が苦手と言われてすぐに思いつくのがこれと、あとは河口で夏場に起きるイワシ相手のボイル。どちらの魚がいるのはわかっているのにどうしても食わせられずに地獄を見る。

見るだけのつもりだったんですが、やらないわけにはいかないでしょう(笑) で、この状況で考えることはやっぱりベイトが多いのでルアーを見つけてもらうこと。トップでまずはペンシルを引いて、やっぱりダメ。次にポッパー、引き波系、アクションの強いミノー、ミノーのジャーク・・・と、とにかく見つけてもらうために目立つことをやる。でも、いつも通りやっぱり食わない。

さて、次の手は・・・とルアーボックスをガサゴソやっていたらラパラCDのリップレスが目に入った。これ、全然動かない。実はこのルアーには笑い話があって、初めて買ったのはルアーでシーバスを始めてすぐの頃。近所の釣具屋で買ったんだけど、僕は普通のCDのつもりだった。で、買ってパッケージを開けてみるとリップがない。投げてみたけど全然動かない。こりゃ間違いなくリップつけ忘れの不良品だと思って釣具屋にクレームを入れたという・・・(笑)

常用するほどではないけど時々ツボにはまって爆発することがある。しかしこの状況じゃちょっとねぇ・・・と思いながらも他に手も尽きたのでとりあえず投げてみる。そしたら・・・・釣れてしまった。50cm程度なんだけどとにかく釣れちゃった。なんで? さらに投げてみる。げげ、また釣れた。さらに投げてみる。あれれれれ? 釣れちゃうよ、これ。というわけで、結局6投で3匹。他のルアーを投げてみたけどやっぱり釣れない。こりゃ本当にこいつが効いたってことですかい?
頭の中は「???」でいっぱい。あのベイトの嵐の中で、何でこいつで釣れちゃうんだろうか?
意外と泳がずまっすぐ引いているだけの方が目立つのかも? やっぱりラパラすごい。で、例のごとく追加購入を目論むけどこれが売ってないんだよね~・・・。

で、本日はクラブのイベントで船で出撃。船はいつもお世話になっている千鳥丸。大野川河口。ポツポツボイルがある。でも、どうやらサイズは小さそう。これがまた例の苦手なパターンその2。イワシのボイル。夏場の河口で頻発するパターンなんだけど、数年前にかなり通い倒した結果、結局攻略できなかった。でも、今はクルクルという強力な武器があるから何とかなるかな?ってことでまずはクルクルを投げ倒す。でも反応なし。仕方がないので船を流してオープンウォーターでうろついている魚を拾う作戦に。ミノーのジャークで反応あり。一発かけたけどあえなくばらし。ジャークがいいんならこれなんかどうよ?ってことで去年話題になったワインド釣法を試してみる。実はこれが初トライ。そしたらこれが当たりで2匹ゲット。結構激しくジャークするんだけど、2匹目なんかはルアーを完全に丸飲みだった。ふ~ん、話題になるだけあってやっぱり釣れるのね。

ってことで、何かと経験値の稼げた週末でした。
by rionpapa | 2005-06-19 20:43 | Salt

年中無休

僕の家の近所のポイント。会社帰りの通り道。3年がかりでやっとこさ全部の月にシーバスを釣ることに成功。
まぁ、無理矢理狙えばもうちょっと早く達成できたのかもしれないが、所詮遊びである。僕のゲーム(というほど大層なものではないが)を押し通してとりあえず毎月魚が釣れるということは確認できた。つまり、1年中僕は同じポイントで魚釣りができるのである。たまに他の人が入っていることもあるんだけど、そこはジモティの強み、毎日会社帰りに30分というのが全然無理なくできるのである。ポイントとしては2級かもしれない。でも、毎日通っていればイヤでもポイントはわかる。ピンポイントで魚の居場所がわかってきた。もちろん、他の場所でもこの経験は生かされるに違いない・・・ことを期待したい(^^;;;

どーだ、いいだろう?
by rionpapa | 2005-06-04 00:51 | Salt

やっぱりバーブレス

家に帰る途中で釣具屋に寄ったらおもしろそうなルアーを見つけたので買ってみた。

そのまま家に帰るつもりで車に乗ったんだけど、やっぱりちょっと投げてみようかな~って気分になって近所のポイントへ。想定としてそういうシチュエーションを考えていたのでベイトのタックルを持ち出す。ラインはフロロの16lb直結。いつもなら僕は帰ってから買ったルアーのバーブをつぶす。もしくはフックそのものを付け替える。なんだけど、今回はちょっと投げてみるだけのつもりだったので、パッケージから出してそのままセットした。

キャスト開始。フムフム、そういうアクションなわけね。飛距離は、飛行姿勢は、沈下速度(シンキングなので)は・・・と、いろいろチェックしていく。そうこうしているうちに手前のシャローで根がかってしまった。いくら引いてもはじいても取れないので、「こりゃ買ったばかりでロストかぁ・・・(涙)」とあきらめてラインを腕に巻き付けて強く引っ張る。
ググゥ~と引っ張って抵抗がなくなったと思った次の瞬間、左の太もも内側に衝撃が走る。あいたたた、ラインブレークせずに飛んできたルアーがぶつかちゃった。ん? あれ? ルアーがそのまま太ももの内側にぶら下がっちゃってますけど(^^;;;

ライトを点けると伸びてまっすぐになったフックがしっかり太ももの肉に刺さっちゃってます。しかもかなり深く刺さってるみたい。あ、バーブつぶしてない・・・(絶句)。我が身の不幸(というか自業自得だけど)を呪いながら車に戻る。ところがGパンと肉に微妙なずれがあるまま刺さっちゃっているので普通に歩くとGパンに引っ張られて激痛が走る。ほとんどケンケンで約100m移動。これまたこういう時に限ってワイヤカッターも週末に車から降ろしたばかり。

b0032262_22261196.jpg一瞬「病院いくか?」と頭に浮かぶけど、慎重にフックの刺さっている角度をチェックしてから意を決してプライヤーで一気に引っこ抜く。うぉ!!!声にならない悲鳴が出た。とりあえず出血はそれほどひどくないので、家に帰って消毒した。で、翌日には写真の有り様。

それにしても足で良かった。これが顔だったら、まかり間違って目だったら・・・(ゾォォ~・・・・・)
教訓
・やっぱりバーブレス
・根掛かりを切る時は慎重に
なんだ、当たり前のことができてないだけじゃないか・・・(猛省) 間抜けでした。普段はほとんどPEなので、根掛かりがはずれたとしても今回のように伸びていないからルアーが飛んでくるようなことはほとんどないんだよね。それで油断してました。それにバーブレスも魚のためじゃなくて自分のためだと言うことはわかっていたのにできていなかった。ちょっと痛い授業料だったけど、本当にこれくらいで済んで良かった。

御同輩、ご注意あれ。
by rionpapa | 2005-06-01 22:27 | Salt