Radical Angler's Talk

七ツ森 その2

こんな感じで奥の奥まで一面の彼岸花。
b0032262_1573958.jpg
こんな所でどの花をどんな風に撮るかなんてあまりに選択肢が多すぎて訳がわからなくなる。
b0032262_159112.jpg
きっと上手な人は見つけるのではなくて、何かやりたいことが明確にあって、それを「探す」のだろうとは思うのだけれど、こちとら現場では舞い上がってしまって何をどうとか考える余裕なんぞまったくなし(^^;;;
b0032262_15371545.jpg
いろんな趣味をかじってきたけれど、躓くところはいつも同じような気がする。いわゆる勘所、キモってやつ。
b0032262_1583175.jpg
そんな反省を元に、実は今日も行ってきた。だけど豪雨で写真撮るどころではなかった。一応無理矢理撮ってはみたものの、光量不足の手ぶれだらけ。

しかもあきらめて帰ったらピタリとやんだらしい(泣)

だけど今日は、ちょっと考えた。ここって彼岸花の名所だけどそれ以前に「古墳」なわけですよ。
いにしえの墓所に彼岸花が咲き誇り、それを雨が優しく濡らしている・・・・・・
それを表現する技術は、もちろん僕にはないけれど、でも、自分でやりたいことがしっかりとあって、目に入るものを手当たり次第にではなく、自分から探して、求めて、自分の足で、手で動ける自由というか、そういうものを手に入れたいと、そう思うわけです。

釣りでも、写真でも、その他諸々すべてのものに。
by rionpapa | 2008-09-21 15:33 | Photo