Radical Angler's Talk

背伸びし過ぎ

いやぁ、ネタはなんだかたくさんあるんですけどね、ここのところ忙しくてブログにアップしてる余裕もなくて・・・・・。今日はちょっと余裕ありなのでまとめて投稿。

先日の海外通販の時、お遊びでエキスパートディスタンスのコンペティション仕様っていうのも買ってみた。

何がコンペティション仕様かというと、ノーマルのラインは105フィート、32mなのに対し、こっちは120フィートの36.5mくらい。ついでに色がノーマルはグリーン、こっちはオレンジ。本質的な理由としては緑よりオレンジの方が練習している時にいかなる状況でもループを視認しやすいからだったんだけど、「ひょっとしたら36mだって投げられちゃうかも?」なんて色気がなかったといえばウソになる(笑)

ノーマルラインのヘッド部はおよそ11mくらい(?) それに対してエキスパートディスタンスはリアテーパーが長~いので約22m!!! 当然長いフォルスキャストが可能で、その恩恵で飛距離が伸びる・・・と解釈している。

で、早速リールに巻いて試してみた。ロッドはSAGEのSP+#6。もちろんノーマルのフルライン(27mくらい)なら僕のスキルでも楽々(と、ちょっと見栄をはってみる(笑))出せちゃうロッドだ。

何度かウォーミングアップをして、まずはどんなもんか、ラインを全部出して投げてみることにした。風はごくごく弱いフォロー。フォルスキャストからシュート! まぁまぁのキャスト。

が、足下には大量のラインが余ってた(^^;;;

こ、こんなはずでは・・・(やっぱり全部投げる気満々だった(笑))

何度繰り返しても結果は同じ。手尺で計ってみると33mくらいが僕の限界のようだ。なにしろリアテーパーが長いせいなのか、ラインスピードが思うように出ない。ムキになって練習してたら最後の方で「あ、これかも?」と思うところがあったんだけど、今になって考えてみるとそれが何だったかきれいさっぱり忘れてますね(爆)

ま、当面の遊び道具ができたということで。最近はキャスティングレンジにも水があるし(^^)

と、言いつつ#6のぶっ飛びロッドを物色している自分に気がついたりするわけですが(笑)
(お気に入り度:★★☆)
by rionpapa | 2008-06-09 20:15 | 物欲