Radical Angler's Talk

トリックキャスト

泣き出しそうな空の下、小さな渓に入ってみた。
b0032262_2014433.jpg
友達のMさんから教えてもらったポイント。
「魚はたくさんいるよ~」だって(喜)

癒しにはもってこい(笑)
b0032262_20142127.jpg
しかも行程中7割くらいは緑のトンネル。オーバーヘッドは当然NG。ふっふっふ、練習の成果を試す時がやってきたぜ。
b0032262_20143780.jpg
魚は確かにたくさんいた。でも、思ってるよりずっと遅い流速のポイントに着いていて、フライを見切られたりドラグがかかったりでUターンされるケースが続発。

フライサイズを落とすと素直に食ってくるんだけど、それだと小指サイズまでちょっかいを出してくる。

フライはでかいまま、しかもあえてリーダーを竿1本分弱まで詰めて、食ってくる魚を拾うことに。逆ループ、スネークロール、ティップロールメンドetc. できることは全部試してみた。
b0032262_20145116.jpg
結果、G2の評価が劇的にアップ。あぁ、なるほど、こういう使い方した時に真価を発揮するのか。これは素晴らしい。

ゆっくり釣り上がり、十分満足したところでまだお昼。雨脚も途切れなくなってきた。

ふと思いついて、ある釣友と釣り歩いた場所を巡ってみることに。彼とはもう釣りに行くことができないのだけれど。
b0032262_2015512.jpg
ここ数年、誰かと一緒に釣りに行くことがめっきり減った僕だったが、それでも何度かそういう機会はあった。そんな時、ほとんどのケースで彼は参加していた。つきあいのいいやつだったなぁ。
b0032262_20151696.jpg
楽しかったなぁ、おい。
by rionpapa | 2008-05-01 20:34 | Fresh