Radical Angler's Talk

to be Walker

早すぎるというのは承知の上で山の渓に行ってみた。
b0032262_20212865.jpg
何しろ無性に川をどこまでも歩いてみたくなったのだ。できれば一人きりで、誰にも会わずに。

到着した渓は冬の荒涼に点々と春が顔を出していた。
b0032262_20214153.jpg
水に手をつけてみる。10秒と入れていられないほど冷たい。
b0032262_20215577.jpg
水温を測ってみると6℃(^^;;; こりゃドライで出るわけないや。と、さっさとウェットシステムにする。ところが久しぶりの山の渓。立て続けにフライを3本木の花に(^^;;;

ようやく慣れてきて軽快にポイントを攻めることができるようになった。しかしこれが全く反応なし。ニンフにチェンジ。するとインジケーターに出た。あれま。

というわけでドライに変更。ところが出るには出るがものすごいちびっ子の垂直ライズ頻発に苦笑い。

#10のフライに交換。小さいのは出ても無視。
b0032262_20222130.jpg
するとほどなくまぁまぁのサイズ。パーマークも朱点もすごく鮮やかなアマゴ。
b0032262_210310.jpg
リリースの水中写真。まだまだ練習が必要。というよりも水が冷たすぎてじっくり撮っている余裕がなかったんですが(^^;;;
b0032262_2102058.jpg
とりあえず釣れたのであとはおいしいところだけを流すことにしてとにかく歩く、歩く。
b0032262_2103325.jpg
山の天気はクルクルと変わる。こりゃちょっとやばいかな?という雲が現れたところできっぱりと撤収。
b0032262_2104472.jpg
車に戻る途中、可憐な花の群生を見つけた。
b0032262_210549.jpg
帰って調べてみたら、ミツマタの花みたいですね。和紙の原料の。

車に着いて、着替えて車内に戻った途端にみぞれが降り始めた。撤収正解。

いや~、歩いた。今回は以前バリバリ通っていた時にも歩いたことないほどの距離を歩いた。

生まれて初めてケツが筋肉痛になりました(笑)

満足度大の平日休み。
by rionpapa | 2008-03-26 21:18 | Fresh