Radical Angler's Talk

始動

年末から年明けにかけて非常に凹む事件があった。

悶々とした日々を過ごし、少なくとも釣りに関するモチベーションは根こそぎ持って行かれてしまったんだ。

そんなときでも僕を救ってくれたのはやっぱり釣りだった。沈む気持ちに呼応するかのように動かない体を無理矢理水辺まで持って行った。深夜、風の中、黙々とロッドを振った。それで、立ち直れそうな感触をつかんだんだ。どす黒い心象風景の中に、ほんの一点だけ、白い場所が現れた感じ。

少しずつではあるけれど、心のしこりがほぐれているようないないような・・・。

沈んでいようが浮かれていようが生きている限り明日は来る。座して待つよりは自分で歩いていった方が良いことがあるかもしれない。丁寧に、大事に、今日を生きようと、そんなことを考えた。

で、丁寧を具現化すべく、フライを巻いてみる。
b0032262_22411949.jpg
丁寧に巻いたつもりだったんですが・・・(^^;;;

#毎年のことながらリハビリせねば・・・・・・・・・。
by rionpapa | 2008-01-16 22:50 | Fresh