Radical Angler's Talk

高原へ

最近のマイブームといえばやっぱり写真であるわけで、本日よりめでたくカテゴリにも写真を追加(笑)

ふと、生涯でシャッターを押した回数とキャストの回数ではどちらが多いだろうかとか考えてみたりする。まだキャストの方が多いかもしれないが、シャッターの回数の方はデジカメになってから増える一方であるからして、そのうち追い越すのは目に見えている。そりゃそうだ。方や最低でも腕は使うのに対し、方や指先のみの運動ですから(笑) しかも押しっぱなしにすると1秒に6.5枚も数が稼げてしまう(爆)

大きく違うのは、釣りの方は頭が痛くなるくらい「なんで?」と考えに考えてむしろ考えすぎの弊害が出ている位なのに対し(正しい思考かどうかは別問題)、写真の方はほとんど頭を使うこともなく適当に何万回もシャッターを押しているだけだった、ということ。

最近カメラがらみのネットサーフィンをする機会が多く、そこで打ちのめされてしまうような写真をいくつも見た。それで、遅ればせながらちょっと勉強してみようかな~と考え始めている今日この頃。

幸い今日は天気がよいようだ。まずは先達の模倣から、ということで、花を撮ってみることにした。(下をクリックで続きます)
b0032262_2332231.jpg




b0032262_23351818.jpg
くじゅう花公園へ家族サービスがてら。

まずは模倣から始める。憧れのあの人がやっていることを真似してみる。たいていの場合はうまくいかない。そして「なぜ?」と考える。そこを切り口に技術を習得していく。そのうち真似ではいかんともしがたい領域が出現する。その時オリジナリティーとは芽生えてくるものだと、そういう風に考える。もちろんこういうケースばかりではないだろうけど。

要するに、魚がいるところにキャストができるようになってからが釣りでしょうが? 魚がいないところに打ち込んでアクションだのカラーだのドリフトでもなかろ? というのが僕の考え。できうるならば、その「僕ならではの世界」に到達してみたい。それには時間も才能も乏しい僕としてはせめて最低限のスキルを身につける段階では効率を重視したい。遊びで効率というのも興醒めだけど、それこそ遊びである。どっちを向いて進むのかは各人の自由。

とりあえず、あらかじめ考えていたいろんなことを試してみる。
b0032262_23382875.jpg
うまくいったり、いかなかったり。

「どうしよう?」考えながらまたシャッターを切る。写真はただの写真だけど、一歩踏み込んで考えると「いったいどうやって撮ったんだ?」と途方に暮れるものも少なくない。
b0032262_2341624.jpg
夢中になってシャッターを切った。4GBのメディアがいっぱいになる。

いや、もちろん家族サービスの方も怠りなく(笑)
b0032262_2342823.jpg

夕方、高原の空気は予想以上に冷たい。

一同撤収。そして温泉。
b0032262_2343122.jpg
長湯温泉「万象の湯」 かなりぬるめのお湯だけど、温泉ってあがってから体がポカポカするのが心地よい。

さらにラーメン食って帰宅した。
b0032262_23432879.jpg
同じく長湯の「隼」だっけ? 本当は「夢屋」で唐揚げ食べようかと思ったんだけどお休みだったのでこっちへ。炙りチャーシューの香ばしさ、GJ(^^)v。

とまぁ、なかなか有意義な休日でありました。

いや、しかし、何事もちょっとこると難しいですね。もちろんそれがおもしろいんだけど。

というわけで、気を失いそうなほど疲れているけどこれから出撃です。
by rionpapa | 2007-10-06 23:47 | Photo