Radical Angler's Talk

訂正&お詫び

WALKERに伊勢さんから直々にメールがあったそうです。

一昨日の僕のブログを見たどなたかが、「伊勢さんがでかいのかけたと大きな事を言っている。」と揶揄していたと、伊勢さんに連絡を入れられたそうです。で、事実はこうだったんだよ、という説明のメールだったそうです。それによるとかけたのは32~35cm、くだんの50cmは「見えた魚」だそうです。

まずは事実誤認について、これは聞いた話を間違ったまま書いてしまい、読んだ方に不快な思いをさせてしまったことを深くお詫びいたします。今後このようなことはないように気をつけます。

が、「揶揄していた」という事については、断固否定します。所詮素人の駄文ですから、誤解を招く可能性は否定しません。また、好きこのんでこうしたブログを続けている以上、その可能性を覚悟もしているつもりです。しかし、少なくとも、先日の投稿において、そうした気持ちは全くなかったということだけはご理解いただきたいと思います。

伊勢さんを揶揄? できるわけないでしょ。彼は僕の青春時代のヒーローなんですから。今でもコンサートなどにはすべてとは言わないまでも行っているし、ソロになってからのCDも(多分)全部持ってるんですから・・・。

件のブログの内容に関しては、おそらく僕が伊勢さんに対してどこに立っているかということを誤解されちゃうと確かに揶揄しているように見えちゃうなぁと反省しています。あれ、例えば登場人物が伊勢さんじゃなくてここにも時々出てくる釣友Yのようなごくごく近しい人だったら、揶揄とは取られないと思いますが、僕が伊勢さんを「外の人」ととらえていると思われると、確かにそう読まれちゃうかもしれません。反省。もともとは下記でも訂正したように、揶揄とかそういう気持ちは一片だになく、大野川なら50cmも「うそだ~」と一笑には付せないのだよということを書いたつもりだったんですが・・・。

最後に、伊勢さんからのメールはその「揶揄」を糾弾するものではなく、事実をしっかり説明されており、その上で件の魚についても「夢があるよね」と結ばれていたそうです。(伝聞ですが、内容は確認しました) やっぱり素敵な人だな。と、思えただけでも今回のことは最終的には収穫がありました。
by rionpapa | 2007-04-02 13:20 | Fresh