Radical Angler's Talk

泥濁り

金曜日の夜はまうすりんの検証へ。

まうすりん、炸裂せず(^^; これは、僕の見る目がなかったのではなく、僕の腕の問題でもなく、「潮が悪かった」ということで(笑)

今日は睡眠不足のまま竹田へ出撃。竹田の桜はむしろ大分よりも進んでいるようで、そろそろ全体としては7分といったところ。
b0032262_1943562.jpg
桜の花が咲くと、ライズ待ちという雰囲気ではなくなってしまう。楽でいいんだけどね。渓流の釣りだというのに、先週までは1回の釣行あたり歩行距離はせいぜい200m(笑)

なので、今日のテーマは「川歩き」

火曜日には伊勢正三さんが先週まで僕が粘っていたあたりのポイントででかいのをかけ損なったそうな。32~35cmくらいあったらしい。しかもそれより遙かにでかいのも土手の上から見つけていて、それは「50cmくらいあった。」そうな・・・。40cmと言われれば「ほほぉ~。」と言うだろう。45cmと言われたら「おぉ~!!!」と言うだろう。しかし、50cmと言われると、驚くべきか、笑うべきか、ちょっと微妙な数字ですな(^^;;;
(4/2追記:上記ピンクの部分は4/2に追記。また、このくだりは大野川なら50cmのエノハの存在も否定しきれないということを書いたつもりであり、決して個人を揶揄する気持ちからではないことをご理解ください。)

しかし、今日の天気ではライズも期待できず。とりあえず覗いてみたけど気配なし。なので、ちょっと上流の方へ入ってみる。もう一つのテーマは「カディス一本勝負」。先週まではエノハの食べたいものを想像しながら気を遣いまくっていたので、今週は「魚はカディスを食べたがっている。」と勝手に決めつけることにした(笑)

風が強い。今日はSAGEのLL379をチョイス。これ、うちのクラブ元代表から譲っていただいた竿なんだけど、今更ながら「実はすごい竿?」と思っている。まぁ、その辺の話はいずれ。

上流からまともに吹きつける強風の中、ポイントポイントへテンポよくフライを入れていく。キャストのテンポはすごくいいんだけど、移動のテンポはもうボロボロ(^^; いや~、寝不足とは言いながら足腰の弱り具合はすさまじいものがありますな。ほんのちょっとした凹凸でバランスを失う。何とか転ばずには済んだけど、今年はホントにもうちょっと川を歩くことにしよう。

で、釣りの方はそこそこ快調。ハッチもないのに飽きない程度に20台半ば平均の魚が顔を出してくれる。今シーズン初めてパーマークのきれいに出た魚が釣れて大満足。
b0032262_19543985.jpg
うまくパーマーク写ってませんが・・・。

スタートして1時間半ほど。5匹ほど釣ったところでカディスのハッチが始まった。上のプールの流れ込みで鋭いライズ。やった、始まった!

と、思った瞬間、水がみるみるうちに濁り始めた。ライズ停止。あきらめきれずに狙ってみるけど反応全くなし。寝不足の体が急激に重くなる。意気消沈して川を上がる。上流をチェックしてみると、用水路から泥水が大量に流れ込んでいた。そのまた上流に入れば釣りにはなりそうだったけど、一度萎えたモチベーションは再び戻ることなく撤収した。

久々のハードワークでもう意識失いそう。お休みなさい・・・・・・・・・・。
by rionpapa | 2007-03-31 20:03 | Fresh