Radical Angler's Talk

グリ

グリのハックルが5枚もあるんですよ~。

うち2枚は全く使ってない。最初に買ったホフマンの#2はほぼ終了で、あとの2枚は#16あたりがかなりの消費量。グレード忘れた。

んで、以前WALKERで買ったWhitingのGoldグレード(今となっては貴重品)を使ってみることにした。買ったままデッドストックになってたんだよね。
b0032262_2101267.jpg

やっぱり#16を巻くつもりだったので適当に今までのハックルで#16用が採れていたあたりの羽をプチッ。で、まずファースト愕然。
「サドルじゃないよね?」
なんちゅー使える場所の長さ!!! ソラックスとかなら1本のハックルで4本は巻けてしまいそう。
b0032262_2103272.jpg

さらに、針に合わせてみてセカンド愕然。
「これって#20用じゃん・・・」
いつも#16用を採取していたあたりには#20~22あたりに好適なハックルがぎっしりと。するってぇと先っちょの方は一体何番用くらいになるんだろう? とちょっと好奇心が湧いたけど怖いので確かめるのはやめておいた(笑)

恐るべし、Whiting!

フライフィッシングって他の釣りに比べて進歩の緩やかな分野だと思っていた。実はWhitingもBronzeあたりはすでに他の色で使っていて、ずいぶん進歩したよな~とか思ってたんですが、Goldになるとこんなにすさまじいとは思っていませんでした。フライフィッシング最大の進歩はハックルにあった! こうなると色が好きなヒーバートあたりも俄然気になってくるところ。う~ん、ちょっとWALKERでまじめに見てみよ。Whitingも黒があるといいけどなぁ・・・。しかしGold がこれだとPlatinumっていったい・・・・・・・・・・。ちなみに↑の僕のハックルはカラーチャート見ると単なるグリじゃなくてダングリズリーみたいです。

普段はあんまりコックのハックルパターン巻かないんだけどいきなりモチベーション湧いたりして。

ちょっと頬ずりしてみたりも・・・(笑)
by rionpapa | 2007-03-07 21:02 | Fresh