Radical Angler's Talk

Remake


ハイビジョン化の方は一段落。あらゆる事情と今後を考えて、結局レコーダはI/OのRec PotというDVDドライブなしのHDDレコーダになった。細かい事情はさておいて、とりあえず快適。

この週末はこれまたとある事情から実家で過ごす。土曜日の夜はモイカ釣りに徘徊。しかし、風が強い。鶴見から米水津、蒲江と彷徨して体が持って行かれそうな(マジで)風の中、やっとこさ二桁ゲット。疲れた。

が、その帰り、とりあえず川でルアーを泳がせてみる。ルアーは最近オークションで手に入れたBoot。
b0032262_2114278.jpg
ここ数年ミラクルワークスや原工房のルアーをプラ版でリメイクしているバージョンをよく見る。このBootもよく売れたみたいね。仲間内にも「ないと困る。ないと死ぬ。」とまで言うヤツが現れるほど支持されているらしい。僕もハンマー、メケメケ、ビリケン、阿修羅スリム、ニンジャ、ブーツあたりは持っているクチ。今回のブーツでウッドのオリジナル版もすべて持っていることに。

釣れるかどうかは別にして、良いか悪いかはこれも別にして、どれもまるで別物であることは間違いないように思う。まず、なぜかオリジナルの方が概してよく飛ぶ。そして、キャストフィールにしても、リトリーブフィールにしても、「中身が詰まってる」というのを感じずにはいられない。少なくとも僕にはそれが心地よい。

なんか通ぶった嫌みな言い方になるかもしれないが、オリジナルならではの「使用感」は少なくともある。結構な値段なので気安くは言えないけれど、プラ版で気に入ったものがあるならぜひオリジナルも試してみては? ウッドプラグの中では比較的良心的な価格だと思うし・・・。何度も繰り返すがオリジナルの方が釣れるかどうかはわからない。なぜなら、プラ版買っても「やっぱりオリジナルの方がいいや・・・。」となってしまって、プラ版の出番が全くないからである(笑)

なくしたときは泣くけどね~・・・(^^;;;
by rionpapa | 2006-12-18 21:24 | 物欲