Radical Angler's Talk

ルアー整理

雨が降り出した。本当に久しぶりの雨。9月から最近にかけて、大分市の降水量は平年の10%だったそうである。竹田に至っては3%!!! まさに恵みの雨。ちょっとまとまって降るといいんだけどね。

家族が寝静まるのを見計らっていざ、出撃!と思ったら、あらら、雷がゴロゴロと・・・(^^;;;

その昔、ゴルフの時に怖い思いをして以来、僕は大の雷嫌い。

なので、今夜の出撃はあっさりと断念。仕方がないのでルアーの整理をすることにした。週末の釣行後には深夜営業の釣具屋を巡るのが僕の日課。そこで新しいルアーを見かけるとついつい買い込んでしまう。一軍入りの確率はかなり低い。それとお気に入りのルアーがあるとこれもついつい予備として買い込んでしまう。白のワンダー10個とか。業界側から見れば「実においしいカモ」であることに間違いはないだろう。性分なので甘んじて受け止めるしかない。

今僕はPalmsのグランドウォーカータックルバッグというショルダーにケースを詰め込んで釣行している。およそ学生鞄くらいの容量は優にある。MEIHOのプラケースLサイズが7個入る。このケースの中にそれこそふたが閉まりきらないくらいルアーが入っている。はっきり言ってこんなにルアーを持ち歩いているバカはそんなにいないと思う。でもね、一応吟味に吟味を重ねていて、「こりゃ使わねーな。」っていうのは一個たりともないことは断言できるのだ。同じ種類のルアーは持っても色違いで二つ。それでもこれだけの量になっちゃう。わかっている人は「ヘタの見本」とせせら笑うことでしょう(^^;;; でも、何というか、貧乏性なんだろうけど、現場で「アレがない、コレがない。」っていうのがイヤなタイプなんだよね。フライベストにはフライボックスが8個も入ってるし(笑) あっちは弾のサイズが小さいからいいんだけどさ。

以前は一つのルアーを工夫して幾通りもの使い方をしていた。ぶりぶり泳ぐスタンダードなミノーをロッドティップを上げてスローに引いて水面直下を攻めたりとか。ところが最近は「コレ専用」的なルアーが氾濫しまくり。その中でも(僕的に)オンリー1の使い心地は他の追随を許すモノではなく、経験値が上がる毎に持っておきたいルアーが増える。

が、しかし、ウェーディングゲーム解禁となると、ショルダーはちょっと具合が悪い。そこで大幅に持ち歩くルアーを削減することを考えた。今までのように「使うかも?」ではとうてい絞り込みきれない。なので、「なければ死ぬ!」というのを基準に考えることにした。

そう考えることにしたんだけど、1時間以上腕組みしてうんうんうなった挙げ句、結局考えがまとまらなかった(爆) 基準がちょっと厳しすぎた気がする。

ほとんど絞り込みきれないままスゴスゴとバッグを車に戻す。しかし、このままではこれまでの苦心惨憺があまりにむなしい。そうだ! 予備&使っていないルアーの整理をしよう!!!

というわけで、整理した結果がコレ。
b0032262_1375043.jpg
一応でかいボックスはシャローミノー用、普通のミノー用、シンペン用、トップ用、スモールプラグ用、K-TEN用とかに分類。小分類が他の小さいのに分散。

いったいいくつあるのかちょっと興味を引かれたけど数えるのはやめにした。数がわかると金額も想像ついちゃうから・・・・。

我ながらちょっとビビリつつ雷も止んだようなので行こうか行くまいかと迷っている秋の夜長。
by rionpapa | 2006-11-11 01:47 | Salt