Radical Angler's Talk

そろそろ下火?

とりあえずほとんど毎日出撃。釣れないまでも何とか魚に反応させるところまではできていたんだけど、月曜日はついに沈黙。例年だとこのあたりの日付から始めるんだけど、今年は他の人が釣りをしているので思わず・・・(^^; 先走ったせいなのか、すれてしまったのか、やっぱり魚を大量にストックできる地形ではなくなってしまったのか、真偽のほどはわからないまでも反応は徐々に鈍りつつある気がする。まぁ、それならそれで手はあるわけですが・・・。

今日は水辺に立って様子をうかがっていたら上流からベイトを追い回しながら魚が下ってきた。進行方向にルアーを投げて置いておいたらそのままヒット(笑)
b0032262_21133743.jpg
60cmを超えるかどうかってサイズ。近距離だったこともあって文字通りの秒殺。しかしまぁ、このシーズンは阿修羅様々。

僕が使っている阿修羅は12cmと14cm。12cmは普通のロッドで投げられるけれど、14cmは重さが倍くらいあるので一般的なシーバスロッドではちょっときつい。
b0032262_21153572.jpg

これは入院中のモノ。浅いところで気がつかずにジャークしたら下唇がゴソッとなくなってしまった(^^; 実は僕の使い方だとサイズによって魚の反応が違うという実感はない。ジャークなどの扱いやすさという意味では12cmがよい。ただし、こっちは空中で見事にダートする。従ってピンポイントに入れるには不向き。14cmになるとその傾向はグッと抑えられる。ただし、重い。不思議とこの季節以外ではあまりよい思いをしたことがない。ただ引きでも十分釣れるルアーだけど、それならば別に阿修羅じゃなくても・・・となるので出番も少ない。ますますこの季節専用になりつつある。それでも年中ボックスからははずせないけれど・・・。さすがに高価なルアーなので、しかも結構厳しい使い方をするために割れたり欠けたりはしょっちゅう。その度にせっせと修理しては戦線復帰する。

もっともそれを繰り返しておそらくこれだけで100kgは楽勝で釣ったという最古参の阿修羅が本日旅立たれました。こいつはちょっとしたチューンもしてあって奥の手的な存在だったんだけど・・・。原因はなんといつの間にかスナップが開いたから(泣) このトラブル、と言うか失敗、実はこれまで3回。2回は阿修羅で1回はビリケン。総額1万5千円なり。

この10日間でかなりルアーロストしましたよ~。もう泣けずに笑えるくらいに・・・(^^;;;;; 14cmのK-TENシンキングとかここらじゃもう売ってないんだよな~・・・。
by rionpapa | 2006-10-31 21:23 | Salt