Radical Angler's Talk

会心

というわけでLockOnした魚を狙いに出撃。

魚は流れの中のピンポイントについている。こういう釣りは渓流でフライをやっている僕にとっては理解しやすい。で、現場に到着。ちょっと趣向を変えてシードライブをセット。アップクロスにキャストして糸を張る程度にリトリーブ。数投目、ちょうどルアーがターンするかしないかのところで押さえ込むようなあたり。よっしゃー(^^)v と思ったけど引きが弱い。引き方もなんか変。上がってきたのは案の定こちらさま。
b0032262_7315877.jpg
64cmのナマズって立派?

場荒れしたのでしばらく他をまわって小さいのを2匹。

夜明け前に舞い戻る。ルアーは阿修羅の14cm。この釣り、いれば出る。しかも水柱が立ってそれはそれはエキサイティングなんだけど極めてフッキングが悪い。14cmの阿修羅が1m近く宙を舞うのを何度見たことか・・・。で、今年はドリフトさせながらもルアーは極力水中にあるような作戦を考えた。さて、うまくいきますやら・・・。と思っていたら去年からの天敵が登場。しばらく時間をつぶす。が、まずい。明るくなってきてしまった。

キャスト開始。どちらにしても何十投もする釣りじゃない。3投目。うまく入った。あと2m、あと1m、よし、食え!!!・・・・・・・・あれ?と思った瞬間かすかなあたり。普通は向こうあわせを待つけど今回は瞬間的にあわせを入れる。よっしゃ、乗った!!!
魚は一気に流れを下る。なんとBeast Brawlがバットからへし曲がった。しまった。ポジション間違えちゃったよ。下流に追っていけないや。その場で強引にゴリゴリ巻く。巻いても巻いてもじりじりラインを出されてなかなか寄ってこない。魚のサイズがいいのはもちろんだけどその上強い。さらに流れ。ロッドの曲がりを見て、「これも写真に撮っておきたいな~」とか思いながらやりとりが続く。そろそろ腕がだるくなってきたところでようやくランディング。ん~、思ったよりも小さかったけど十分。
b0032262_7483997.jpg
叉長85cm、4.6kg。
b0032262_7493892.jpg
フッキング見てちょっとヒヤリ。ルアーがでかいのであんまり大きく見えませんな(^^;;; しかし、なかなか90オーバーが出ないな~・・・。

手早く写真を撮ってさっさとリリース。うん、元気元気。これで撤収。いい季節です。
by rionpapa | 2006-10-15 07:50 | Salt