Radical Angler's Talk

Fly de Seabass

雨続きでホームの大野川は連日の大増水。合間合間を見ては釣りにはこまめに出かけていて、昨年炸裂したラパラのリップレスは余り芳しくなく、ワンダーがあればあとは何もいらないという感じのおもしろいんだかおもしろくないんだかよくわかんない状況。

まぁ、あまりおもしろくなかったんでしょうな、最近はフライタックルを持ち出してシーバスを狙うことが多くなってきた。先日河口あたりで例の岩井さんのスーパーミノーで魚が出てしまって、「やっぱりフライでの魚とのやりとりはおもしろいわ~」と見直したのがきっかけなんですが、やりとりはともかく釣りはおもしろくない(笑) いやはや釣れないのなんの・・・・。

ウェーディングしないとさすがに飛距離的につらいので、ここ数日はダブハン持ち出してブンブン振り回している。これがまたキャスティングに熱中しちゃって釣りにならない。納得できないキャストだとリトリーブというよりはラインの回収になっちゃうんだよね(笑) それでもなおかつフライにアタックしてくる気のいい魚はいるもんで、サイズは60cmに満たない程度だったけどこれでも15フィートの竿の先にくっついているとそれなりに手応えもあるんだな。ただしそれっきり。

今夜は久しぶりにルアーで出撃してみようかと思っている次第。
by rionpapa | 2006-07-16 22:25 | Salt