Radical Angler's Talk

シューティングライン

フライ熱上昇中。でも、渓流には全く関係のないロングキャストに夢中(笑)
竹田では絶対に使うことがないだろう8番とか10番とか10番のダブハンとか・・・。
あ、でも、本流筋だとかダムなんかだとこういう高番手も使う機会あるかも?

で、ダブハンもスペイはもちろんシューティングにも手を染めることに・・・。ちょっとだけシューティングスペイにも色気出していたりして・・・(笑)
b0032262_20563339.jpg
とりあえず練習用なのでスーパーインターミディエートね。

んでもって、シングルハンドもフルラインに飽きてきたのでシューティングに精を出している。ここで問題になるのがシューティングライン。いろいろあるんだよね。
b0032262_211104.jpg
結構な種類のシューティングラインを試していて、キャストは練習すればよいとして、今はフルラインでもロングキャストするときには問題になる「手元のラインさばき」に悩んでいる最中。そもそも練習で投げているだけなら全く問題にはならないんだけど、長くラインを出そうとすると、ラインのさばきだとかピックアップだとかの方がキャストそのものよりもずっと問題だったりする。だからロングキャストの練習の傍らロールキャストにも精を出していたりする。TYPE IVのラインをピックアップするのは結構大変。この辺をちまちまと練習、研究している最中なのだ。ラインのさばきに関して言うと、シューティングラインに頼る部分はかなり大きい。もともとはラインバスケットを使ったりしていたのだが、もうちょっと軽装で臨みたい。単に飛距離だけを考えるなら写真のフラットビームとかエアロシューターだとかがすごくよい。でも、結構トラブルも多いし巻き癖は気になるしで今一歩。しかもエアロシューターは今年から長さ半分になってお値段ほとんど変わらずでなんか買う気が起きない。かといってレベルライン(フライラインの細い版)ではシューティングヘッドのメリットをあまり感じられない。いろいろ試していると、あととしだかその前の年だかに買ったアエフロのシューティングラインが一番使い勝手が良さそうという結論に達した。写真右のやつのインターミディエート版だったっけか? が、結構表面は硬いんだけど、びっくりするくらいしなやかで巻き癖も付きにくくて僕が持っている中ではベストっぽいのである。ところがこれがどうやらもう廃盤らしい。Airfloのサイトを見る限りどこを探しても見あたらないのだ。ないとなると欲しくなるのが人情(笑) いろんなサイトを徘徊して在庫がないか探している最中である・・・・・・・と思ってたら実はちゃんとあったみたい(^^; WALKERに入れてもらうことにしよう。

てなわけであと2週間。シューティングヘッドは使わないと思うけど・・・。ひょっとして使うかも(笑)
by rionpapa | 2006-02-16 21:15 | Fresh