Radical Angler's Talk

FoxFire

福岡のFoxFireショップに行ってきた。

といってもメインは
b0032262_525552.jpgこれだったり(ちなみに海の中道のマリンワールドはイルカの芸がすごいと聞いていたのだが、あれならまだうみたまごの方が、なんつーか、アットホームな感じがして僕的には好みであった。展示している魚もうみたまごの方が上かな? 好みによるでしょうが。ヤマメはうみたまごよりずっとずっとコンディションがよくてちょっとホッとした。他の魚はともかく、ボロボロのこいつがいるとやっぱりやるせなくなる。)

b0032262_511941.jpgこれだったり(福岡動物園は大人が400円、中学生以下はただ。福岡市民は幸せだな~。ここはシロサイとトラがお気に入り。シロサイは想像以上にでかい。トラはとにかくかっこいい。もう20年以上も前、学生の頃に同じ動物園でシロサイのでかさに驚嘆したんだけど、今日見たシロサイはあのときと同じ個体なんだろうか? 動物園や水族館の飼われている生き物はかわいそうとか言うのはこれまた人間のエゴだと思うわけで、ひょっとしたら食う心配を全くしなくてよい檻の中はかえって彼らにとって幸せかもしれない・・・かも?)するわけで、

家族サービスに疲れ切った足を引きずってくだんのお店にたどり着いたわけである。学生時代に住んでいたとはいえ、ここ10年ほどは年に1回行けばいい方(ふと思い返してみると、子供が生まれてからは初めて)で、それだけにここに立ち寄るのは結構楽しみだったりする。カタログでは見られない実物がいろいろ触れるもんね。ただし、僕の場合FoxFireのウェア類はサイズが全く合わないので対象外(泣)。もっぱらタックルやマテリアル、ツール、アクセサリ類の見聞になる。大して広くない(失礼)売り場だが、半日はたっぷり時間を過ごせてしまうのである。今回は1時間くらいだったけど(笑) ここで現物を見て、良さそうな物はWALKERに取り寄せてもらって(FoxFireの店員さん、ごめんなさい)、セールだとかちょっと取り寄せてもらうにははばかられる小物をちまちまと買い入れるのが常である。

今回はカタログでもそんなにそそられる代物はなかったので比較的冷静だったんだけど、それでもいくつか気になるブツはあった。まず、アクアシェルなる素材でできたグローブ類。これは一種手触りが独特で、ネオプレーン系のゴワゴワ感が全くなくて非常によい感じ。ネオプレーンとゴム手袋の中間的な感触ってところか? ロッド類はEUFLEXの新作リアクターを楽しみにしていたんだけど、これはまだ入荷なし。代わりにORVISの10万円ロッド、ZeroGravityがあったので触ってみた。ロッドはライン通してみなければわからないけど、取り立てて軽いわけでもなく、ただ、アクションにかかわらず相当に早そうなロッドで、キャスティングはやりやすそうだった。3Mの防水フライボックスもなかなかよさそう。一番気になっていたジップアップのウェーデョングシューズもあったけど、これはノーマルの方がしっかり感があってよいかな? あと、ハックルプライヤーの先っちょの替えゴムを売っていた。これはナイス。Flywing3もおもしろそう(めんどくさそうだけど・・・)。おぉ~! メルティーヤーンが全色あるぞ!!!ってな感じであっという間の1時間。結局お買い上げは替えゴムとFlywing3とフライトーン1色とリーダーを少々。ワゴンセールでフライラインを売っていたけど、WF-2とかDT-5とかTYPE-Vのシンクティップとかあまり使いそうにない物ばかりでこれはパス。あ、ロッドは旧モデルがえらく安くなってた。XCが安くなったらすぐに買うけど(笑)

ヘロヘロになりながらも自宅に到着。一休みしてからFlywingを使ってタイイングを試してみる。確かに前作よりもできあがりはよい。が、やっぱりめんどくさい。スルーウィングも一通り持っているけどやっぱりめんどくさい。できあがりは確かに楽しいんだけどね~・・・。僕的にはちょっとついて行けなくなりつつある。
by rionpapa | 2006-02-12 05:33 | 物欲