Radical Angler's Talk

リベンジ

最近あまりよいことがない。ルアーのキャスティングは呪われているかのごとくトラブル多発。ついに虎の子のハンマーまで飛んでいってしまった。

ま、ほとんどすべてが自分のせいなんだけど、それにしても一昨日の夜のバラシは久しぶりにへたり込んでしまった。寄せてきて姿が見え、ギョッとした瞬間のばらし・・・。あるいは、もしかしたら、ひょっとして、たぶん、きっと、絶対・・・いや、やめときましょう(^^;;;

前夜のショックを引き継いだまま、今日はいつもお世話になっている千鳥丸でタイ、イサキ狙い。船の釣りでマダイといえば王道である。僕はアジサバなら比較的経験はあるのだが、タイはこれで4回目。これまでの3回はすべて玉砕。とにかく付餌がまったく取られないという完膚無きまでの完敗続きなのである。さすがに状況も悪かったと船長からは慰めの言葉をいただいてはいるのだが、それにしてもアジサバすら食わない。このために用意した竿と電動リールは本来の仕事をすることなく、ただの撒き餌マシーンと化していたのであった。下手なのは認めましょう。しかし、関東の釣り場じゃなくてここは大分なのである。どんな下手でももうちょっと救いがあってもいいのではないだろうか? この釣りは向いていないのではないかと思うこともしばしば・・・。ジギングなら4kgオーバーも釣ったことあるんだけどねぇ・・・。

そんなこんなで5時半に出航。海上はベタベタの凪。すでに先客が数隻。どうやら今日も状況は悪いらしい(^^;;;
1投目。それでも期待を込めて仕掛けを投入。一流しして上げてみると10cmくらいのアジがくっついていた。おぉ!このタックルで初めての釣果だ(笑) 何か良いことありそうな予感・・・。

しかし、その後もアジやサバは釣れるものの本命は姿を見せず。どうやら潮が早過ぎるそうである。そのうちまわりの船は1隻消え、2隻消え、ついに僕たちだけに。ここで場所移動。多分以前やってまったくダメだった場所。しかし、2投目でついに僕の竿が曲がる。60mからゆっくりと仕掛けを巻き上げると、40cmは楽勝で超えている立派なイサキ。やった~!!!

しかし、後が続かず。最初の場所に戻る。

戻ってみると潮の流れが緩んでいた。ここから一気にヒートアップ。僕は一流し目で30cmくらいのマダイをゲット。念願のマダイだ。いや~、きれいだねぇ(^^)v これで僕は満足したがその後もラッシュは続く。二流し目で良型のイサキ。三流し目でも小さいけどマダイ。さらに・・・と七流し目まで連続ヒット。しかし、リリースサイズばかりでサイズが上がらない。

b0032262_23454437.jpgと、ここで、同行のY君の竿が大きく曲がった。ドラグがズルズルと引きずり出される。数分間のファイトの結果、上がってきたのは10lbジャストのでかいマダイ。お見事!!! Y君は相変わらず引きが強い(笑) よ~し、俺も!と船中一気にヒートアップするが、この辺で潮がまた速くなり始め、ポイントは沈黙。そのまま納竿となった。船長は「いや~、今日は厳しかった。」と宣うが、普段釣れない釣りをしている僕は大満足。

帰って晩飯はタイとイサキの刺身、アラの吸い物、サバの塩焼き。イサキはでかいだけあって油もノリノリでひっじょーにうまかった。もうちょっと魚をさばく技術をつけたいな~と思いつつ、これからシーバスで再度出撃予定(笑)
by rionpapa | 2005-09-18 23:53 | Salt