Radical Angler's Talk

日頃の・・・

リールをダイワに切り替えてから滅多にトラブラなくなった。どうもシマノのスローオシュレートが相性悪くて・・・などと思っていたのだが、ひょっとしたら単に遅ればせながらPEの使い方がわかってきただけなのかもしれない。普段PEの扱いで気を付けていることは「汚さないこと」であり、これは「濡らさないこと」につながる。濡れちゃうととにかく糸さばきが悪くなってトラブルが続出する。ベイトリールではもちろんその限りではない。例の靴用防水スプレー(先日トキワででかいのを買い足した)をこれでもかとふりかけて釣りをする。終わったら水洗いして乾かしてまたスプレーを一吹き。ほぼ毎日釣りをしている(といっても30分程度だが)とローテーションが間に合わないのでセルテートを2台と予備のルビアスを準備している。秋の本番を前にしてセルテートを1台オーバーホールに出した。で、買った直後にトラブルが続出して泣く泣くお蔵入りしていたステラSWをローテーションに加える。するとこれがトラブラないんだよね。なんだ、使い方が悪かっただけか・・・(^^;;; ちなみに最近の僕が一番多いトラブルはリーダーのすぐ上のメインラインのエアノットというかリールからの放出時に暴れて結び目ができちゃうやつ。これはリーダーに近いメインライン(つまりトラブりやすいところ)50cmほどにリップクリームを塗っておくとたとえトラブっても引っ張ってやればヌルッて感じでほどけてしまいダメージもないのでトラブルにも入らない程度のことになる。これって常識なの?そもそもそんなトラブルが起きるのが僕だけ?

で、今日。前日の雨でいい感じである。しかも嫁さんも娘も犬も2日まで嫁さんの実家に行っているので僕は放し飼いなのである(笑) 娘を風呂に入れたり遊んだり寝かしつけたり犬と遊んだりお手を教えたり(なかなか覚えなくて困ってます)する時間が全くないのである。久しぶりに時間がまるまると浮いているのである。どうして行かずにいられようか?(笑)

最近はシーバスどころかベイトすら見失っているので会社が終わってからちょっと気合いを入れて出撃した。

最初の場所ではベイトを確認。ちょっと攻めたけど反応がないので後で攻めることにして別のポイントへ移動。このポイントもベイトあり。流れも出てきたのでキャストを始めると数投目で変な音。見るとステラの途中のラインが飛び出してしまってこれにメインラインが絡まっている。久しぶりの大トラブル。ほどこうとしたけど時間がもったいないのでリールを変える。すると今度は数投目で振り切れ(T_T) 幸い切れたラインがガイドに引っかかってルアーのロストは免れる。やれやれと思いながらシステムを組み直すのが面倒なのでまたリールを交換。すると今度は↑のエアノット発生。しまった、リップクリーム塗ってない。じわりと引っ張ってみたけどどうしようもなくブレーク。ほんの10分程で3回もトラブってしまった。

ほとんど釣りはしていない状態だったけど、最近滅多にないトラブルを3度も連発してしまって落ち込んで早々に撤収。反省の意味も込めて何でこんなにトラブルが続発したか考えているんだけど、どうしてもわからない。下手だから?うん、それはあるかもしれないが認めたくない(笑) 仕方がないので「日頃の行い」のせいだということにして忘れることにした(笑)
by rionpapa | 2005-08-31 22:24 | Salt