Radical Angler's Talk

やっぱりバーブレス

家に帰る途中で釣具屋に寄ったらおもしろそうなルアーを見つけたので買ってみた。

そのまま家に帰るつもりで車に乗ったんだけど、やっぱりちょっと投げてみようかな~って気分になって近所のポイントへ。想定としてそういうシチュエーションを考えていたのでベイトのタックルを持ち出す。ラインはフロロの16lb直結。いつもなら僕は帰ってから買ったルアーのバーブをつぶす。もしくはフックそのものを付け替える。なんだけど、今回はちょっと投げてみるだけのつもりだったので、パッケージから出してそのままセットした。

キャスト開始。フムフム、そういうアクションなわけね。飛距離は、飛行姿勢は、沈下速度(シンキングなので)は・・・と、いろいろチェックしていく。そうこうしているうちに手前のシャローで根がかってしまった。いくら引いてもはじいても取れないので、「こりゃ買ったばかりでロストかぁ・・・(涙)」とあきらめてラインを腕に巻き付けて強く引っ張る。
ググゥ~と引っ張って抵抗がなくなったと思った次の瞬間、左の太もも内側に衝撃が走る。あいたたた、ラインブレークせずに飛んできたルアーがぶつかちゃった。ん? あれ? ルアーがそのまま太ももの内側にぶら下がっちゃってますけど(^^;;;

ライトを点けると伸びてまっすぐになったフックがしっかり太ももの肉に刺さっちゃってます。しかもかなり深く刺さってるみたい。あ、バーブつぶしてない・・・(絶句)。我が身の不幸(というか自業自得だけど)を呪いながら車に戻る。ところがGパンと肉に微妙なずれがあるまま刺さっちゃっているので普通に歩くとGパンに引っ張られて激痛が走る。ほとんどケンケンで約100m移動。これまたこういう時に限ってワイヤカッターも週末に車から降ろしたばかり。

b0032262_22261196.jpg一瞬「病院いくか?」と頭に浮かぶけど、慎重にフックの刺さっている角度をチェックしてから意を決してプライヤーで一気に引っこ抜く。うぉ!!!声にならない悲鳴が出た。とりあえず出血はそれほどひどくないので、家に帰って消毒した。で、翌日には写真の有り様。

それにしても足で良かった。これが顔だったら、まかり間違って目だったら・・・(ゾォォ~・・・・・)
教訓
・やっぱりバーブレス
・根掛かりを切る時は慎重に
なんだ、当たり前のことができてないだけじゃないか・・・(猛省) 間抜けでした。普段はほとんどPEなので、根掛かりがはずれたとしても今回のように伸びていないからルアーが飛んでくるようなことはほとんどないんだよね。それで油断してました。それにバーブレスも魚のためじゃなくて自分のためだと言うことはわかっていたのにできていなかった。ちょっと痛い授業料だったけど、本当にこれくらいで済んで良かった。

御同輩、ご注意あれ。
by rionpapa | 2005-06-01 22:27 | Salt