Radical Angler's Talk

稲妻

ありがちな話だが、ちょっとした一言をきっかけに大きく進歩することがある。優れたインストラクターとは、そのきっかけとなる一言のボキャブラリーが多く、個人個人に適した言葉を探し出すのが上手であるというのが僕の持論だ。同じ事を言うにしても様々な表現が存在する。顕著なのは例えばゴルフ。「力まずにグリップする。」という事だけを表現するのに「小鳥を握りつぶさないように・・・」とか、「握った卵が割れない程度に・・・」とか、おそらく文字になったものだけでも優に1000は超えるのではあるまいか?

GW休暇の最中、何気なくテレビを見ていたら田代さんの番組を放送していた。そこで打たれたのである。きっかけの稲妻に。いてもたってもいられなくなり、そのまま雨の中竹田に直行した。到着した頃には雨も上がり、僕はロッドを持って川に立った。今まで苦労していたポイントを苦もなく攻略できる自分がいた。やっぱりそこには良いやつが潜んでいたのである。ほんのちょっとしたことなんだけど、この差が結構大きい。その一言自体はループをいかにたたむかってことだったんだけど、長い間苦労していたことがほんの一言で解決してしまった。理性ではなく、感覚に訴える一言の威力は結構大きい。
by rionpapa | 2005-05-05 22:58 | Fresh