Radical Angler's Talk

上位ランク

週末の釣りは結果的には釣れずに終わってしまったのだけれど、僕の中ではかなり上位にランクされる釣りだった。何よりも、僕が手を変え品を変えしている間中ライズしてくれた事が本当に嬉しい。こういうライズにはなかなかお目にかかる機会は少ない。たいていはミスキャストでライズがやんでしまうものなのである(少なくとも僕の場合)。今回は多少のインターバルはあったものの、まるまる4時間、僕の前でライズし続けてくれた。

負け惜しみになってしまうが、他にもっと楽なライズはあった。僕が狙ったライズの主は、きっとあっても25cmクラスだったと思う。その下流ではどう少なく見積もっても尺は優に超えていそうな魚がやはりライズを繰り返していた。狙うにはそっちのライズの方が格段に楽だったと思う。今にしてみればそっちを先にやっつければよかったかと思わないでもない。何よりも解禁でいきなりあの難易度の魚は厳しい。デジカメと携帯が水没して動揺していたし(^^;;;(ちなみに携帯は完全におシャカになってしまったが、デジカメの方は何とか復活。よかった・・・。) だけど後悔の気持ちはない。えらそうなことを言ってしまうが、釣りのプロセスを大いに楽しめたのである。部屋にぶら下がっているベストに付いている満員のフライパッチがそれを物語る。繰り返すが、それもこれもその時間に付き合ってくれた魚がいたからこそである。もちろん魚は僕に付き合うつもりなんて毛頭ないわけですが(^^;;;

二日目はもう初日で燃え尽きてしまって、ライズはチラホラあったものの気のないキャストを申し訳程度に繰り返しただけで終了。結局マルボウズで、しかも携帯とデジカメを壊して帰途についたわけだが、不思議なくらい僕は満たされていた。これだけは負け惜しみではなく、本当に楽しかった。久しぶりに仲間と再会し、付き合ってくれる魚がいて、濃密な時間を過ごして、こうなると釣れた釣れないはあまり大きな問題ではないのかもしれない。

全くもって魚釣りは魚あっての遊びだな~。

竹田の魚に感謝。

とは言え、来週はリベンジすべく着々と作戦は検討中。

今度こそやっつけてやる!!!
by rionpapa | 2005-03-07 22:32 | Fresh