Radical Angler's Talk

身軽に・・・

さて、来週はいよいよ解禁。

フライは・・・あんまり巻いてない。でも、不思議と焦りはない。ちょっと枯れてきたようなのである。以前ならば万が一とまではいかないまでも、百に一くらいの確率で必要そうなフライはやっぱり持っていないと不安で仕方なかった。しかし今では「どうせ持っていても使わないもんね~」なのである。で、使わない、出来の悪いフライをどんどん間引いていくと、出来の悪いのがあまりに多くてほとんど残らなかったのでこっちの基準は大甘にして(^^; フライボックスが半分で済んだ。これでベスト引っ越しの準備は完了。本体が重い分、ベストくらい軽くしないとね(笑)

ところで、解禁前にキャスティングの練習をする人は結構いるだろうけど、ドリフトの練習をする人ってどのくらいいるだろうか? 僕は地理的に恵まれていることもあって、ロッドを握るなら少なくともキャスティングと同等以上にはドリフトの練習に時間を割いている。魚がいるポイントに投げる必要がない(そもそも魚なんていない)ので、練習に都合のいいポイントはいくらでも見つかるのである。基礎編から超A級難易度まで。そんなポイントにフライを入れる、流す。メンディングしたりスラック入れたり立ち位置変えたり。そうしながらフライを替える。極小のミッジがちゃんと見えるか? 新しいパターンの流れの中での浮き方はどうか? 新製品のフロータントの性能はどうだろう? ティペットをひとつ落とすとどのくらいドラグはかかりにくくなる? 調べることだけでもものすごくある。練習しながらそんなことをする。これがまた結構おもしろい。効率も無茶苦茶よい。魚を釣る必要がないので本題に集中できるのである。まじめにやるとうまくなるよ、ほんとに。そんなわけで、このオフシーズン、実は練習だけでデッドストックになっていたティペットを5つ使い切ってしまいました(^^;
by rionpapa | 2005-02-26 00:06 | Fresh