Radical Angler's Talk

Slow Retrieve

ふと考えてみると、人が釣れない時に釣れることが多い気がする。「今日はもうダメだ~」とか友人が言っている時にポロッと釣れたりするのである。もちろん、人が釣れる時に全然釣れないことの方が圧倒的に多く、地獄を見るのはたいていの場合僕なのだが、なぜかそんな友人達が釣れない時に出ちゃうことがあるのだ。気がする程度だけど・・・。

つらつらと考えてみる。多分人と違うことをしているからだ。それってなんだろう?
あ、僕はスローリトリーブが好きではないのである。シーバスでは王道だけど。

積極的にトィッチ/ジャークするか、もしくはほとんどノーアクションのドリフトが多い。もちろんスローリトリーブもやることはやるんだけど、それはそのリトリーブ速度が問題なのではなく、流れに合わせてルアーを流したいコースでトレースしたい時に結果としてそうなっているのであって、スローに引きたいわけじゃないのだ。

うん、確かに僕はスローリトリーブっていうのをあんまりしない。例外はシンキングペンシル使う時くらいかな?
つまり、静と動の両極端を僕は行ったり来たりする。それで、それがはまる極端な状況の時にはたまたま強いって事なんだろうか?

それぞれ何となく思い当たるフシがある。トィッチの方は大昔の話。埠頭で釣りをしていた時に、たまたま持っていたバス用のルアーを投げてみたのである。当時、僕はバスを1匹釣ったことがあるという程度の経験値だったと思う。見よう見まねでキャストして、チョンチョンとルアーを引っ張った。そしたら水面が爆発してしまったのだ。一瞬強烈な手応えを残しただけで魚の正体すらわからなかったけど、あれはおそらくシーバスだったんでしょうな。それからというもの、僕はルアーというのはチョンチョンとやるものだと信じて疑わなかった。スピナーベイトですらトィッチしていた(笑) そんな原体験が今でも残っている気がする。

ドリフトの方は、これはもう渓流のフライに間違いない。そういえばU字効果なんていうのもウェットのターンのイメージでそんな言葉も知らない最初からしていたよな。

いろんな釣りの体験がミックスして今の僕がある。釣りですらこうなんだ。これが人生に置きかわったら・・・・・・。

いろいろやってみるもんです。
by rionpapa | 2005-01-24 21:16 | Salt