Radical Angler's Talk

候補

昨日やっと遠近両用眼鏡ゲットしました。ちょっと慣れが必要ですね(^^;
それでも、テレビ見ながらiPodいじるという、3年前なら当たり前だった行為が何の苦もなくできることにことに幸せ感じてます(笑)
日常生活はこれでOK。
b0032262_3455536.jpg
というわけで、今年からのLogan時代のフィッシングライフをどう生き抜いていくか検討中なわけですが、釣友Yからの情報で4番目の対策案候補が出てきました。これが結構有力。
主役はTalexのこのレンズ

そもそも考えていた対策は以下の3つです。
1.偏光レンズを遠近両用で
2.遠近両用コンタクトに従来の偏光グラス
3.従来の近視用コンタクトレンズと偏光レンズ、フライ交換は別持ちの老眼鏡

要するに極力「掛け替え」を排除して快適な視界を手に入れたいわけです。
1は掛け替えなしなため楽でいいのですが、手前がともかく足下が見えにくいのが気になります。渓流を歩く釣りでは致命的な気がしていました。ついでに言うと変更を使えない薄暗い時間帯のために別途準備が必要という問題もあります。
2は試してみないとわかりませんが、実際に使用している同僚に話を聞くと、遠近どちらも性能的には劣るらしいです。
3は現実的なのかなぁと思っていたのですが掛け替えが面倒。
ここで出てきた第4の「平板レンズに一部老眼鏡」+近視用のコンタクト案。
これが秀逸なのは1で問題となる足下の視界の問題が払拭されることです。つまり、老眼鏡部をフレーム下ではなく、上部に持って行くことが可能! しかもお値段お安め(^^)
ただ、フレーム上部に老眼鏡部を配置して問題ないだろうかというのが気にかかったため、早速土曜日に近所でTalexを扱っているメガネ屋さんに行ってダメもとで聞いたら在庫あったので試してみました。

これはいいです、かなり。

こいつも慣れが必要な気はしますが、かなり理想的な解であるような気がしています。
超前向きに検討中。安部さんあたり人柱になってくれないかな~、とか(笑)

>釣友Y
いいもの教えてもらいました。さんきゅ!

最近はまってて頭の中をリピートしまくってます(笑)
四半世紀くらい前の曲だけどね。

by rionpapa | 2012-01-15 03:59 | Fresh