Radical Angler's Talk

俺に触ると怪我するぜ

シルバーウィークには書ききれないほどいろんな事があったんですが、これはまた折を見て書くことにして今日は全然違う話を。

何度か書いたことがありますが、僕は道具がその性能を発揮できないというのは我慢できないタイプです。一番わかりやすい例が「切れない刃物」

時々台所で料理をするわけですが、その度切れない包丁に「マジギレ」します(笑)

うちの嫁さんはその辺あまり頓着しないんですよね~。嫁さんは「切れない包丁」じゃなくてたとえ話で言うと「汚い包丁」が嫌いです。性能重視の僕に対し、見栄え重視の嫁さん。僕と正反対。結構それが家庭不和の原因になったりもします^^;;;
b0032262_21582776.jpg
台所の包丁は洋包丁がメインなので、これは普通に砥石で研いでましたけど、時々ナイフ用のランスキーシャープナーで刃を出したりもしています。えぇえぇ、実はシャープナーオタクでもあるんですよ^^;;; ランスキーは普通のデラックスセットにダイヤモンドにアーカンサスストーンのセットも持ってます。砥石も結構な種類持ってますね。指折り数えただけでも20種類くらい持ってるんじゃなかろうか? まぁ、オタクって程突き詰めてるわけじゃないですけどね。
b0032262_21583326.jpg
最近はほぼランスキーばかりだったんですが、ホーニングオイル使うので面倒だな~と長年思っていました。そこで最近ネットで評判を聞きつけて導入したのがこれ。スパイダルコトライアングルシャープメーカー。スパイダルコはアメリカのナイフメーカーで波刃のナイフが有名かな?
b0032262_21584046.jpg
こんな感じで使いますが、これはかなりすごいです。簡単に刃がつきます。指でつまんでぶら下げたティッシュにすんなり刃が入っていったのを見た時はちょっと感動しました。しかも研ぐのも簡単。砥石で研ぐより仕事も早いし精度も高いです。

嬉しくなって手持ちのナイフと家の洋包丁すべて研ぎました(笑)


ネットで探すと安いところなら7000円弱で買えるようです。まぁ、それでも高いんですが、よく切れる刃物の快感は僕的には7000円なら安いです。

好きな人には超お勧め。
by rionpapa | 2009-09-25 22:23 | 物欲