Radical Angler's Talk

邪道

「これ!」と決めたわけではないけど自分の中ではなんとな~くお約束的ルールっていうのが存在する。なんとかポイントは右岸からのみ攻めるとか、XXポイントでフライを引っ張るのは禁じ手とか、△△ポイントはトップ一本勝負とか。

もちろん人に強制するものではなく、ジブンテキにそっちの方がおもしろいから縛りを入れているわけですな。

で、最近のマイポイント。前から書いているように一時好調の気配を見せたまま沈黙。さて、どうしたもんかと考えると、やっぱり無視できない事実がひとつある。
「対岸では結構派手にボイルしている」
のだ。ここも禁じ手がある。すなわち「こっちからのみ攻める。」というやつ。しかし、こっち側にこれだけ気配がないとどうしようもない。一生懸命がんばれば何とか対岸に届かないでもない。そこで、とりあえず戦略を練るべく対岸をリサーチしてみることにした。
実際に見てみてわかったことがひとつ。こりゃ反対側から釣るのはかなり難しいぞい。岸辺に立って考えていると下流でボコンとボイルの音。自分の中の禁を破るのはたった1秒で十分だった(笑) 早速タックルをセットしてルアーを流し込んでみる。ほれ、出ろ、ほれほれ~。そこには期待を裏切らないやつがいた。一発でヒット。取り込みには苦労したけど久しぶりのマイポイントでの一匹。これはものすごく簡単に攻略できそうな気がした。

でもね、やっぱりこれはおもしろくないのである。で、やっぱり禁じ手に。何とかこっち側から釣る作戦を、今日もつらつらと考えているのでした。
by rionpapa | 2004-11-26 22:07 | Salt