Radical Angler's Talk

Tune Up

AIRFLOのRepelとTIEMCOのDryFlyDrops。
b0032262_046816.jpg
似たようなフロータントだな~とは思っていたのですが、今年初めて両方を使い比べてみると、「ほとんど一緒?」な気がしてきました。厳密に比較したわけではないですからほんとのところは何とも言えませんが、少なくとも僕はほとんど同じ感覚で使っています。

効果としては同じなんですが、使い勝手はDryFlyDropsの方が上です。それは容器の問題。1滴ポチョッと垂らす方式のDryFlyDropsに対し、Repelはスプレーでシュッとやるタイプです。ところがこのスプレーが意外と固いし余計なところにかかっちゃうしで結構ストレスがたまっていたのですが、先日の釣行でライズを前に焦ってフライ交換してRepelをフライにシュッとやろうとしたら方向間違えて自分の方に飛んできたのでそれでキレましたwww

なので、Repelの中身を使い切ったDryFlyDropsの容器に移し替えちゃいました。間違わないようにこれから容器に特大の文字で「リペル」と書くところです(笑)

それと、先日のパンヤ綿。どうにも敷居が高くて手をこまねいていたのですが、染色をやっている知り合いの方にパンヤ綿を渡してちょっと実験してもらいました。
b0032262_0461644.jpg
さて、どちらがFKダブでどちらが自家製ダビングでしょうか? 正解はFKダブが左、右が自家製です。多少染めムラがありますが、大きな問題ではありません。触った感じもフライに巻いてみた感じも変わりません。水没テストやってもいくら水になじませたってポッカリと浮いてきます。どうやら本当に自分の好きな色のダビングを作ることができそうです。
染料も教えてもらったので、今度手芸店で入手してみようと思います。
by rionpapa | 2009-03-12 00:56 | Fresh