Radical Angler's Talk

お気に入り

今年僕にとっては大ブレークのスペントパターン。スレッドボディーにエアヴェールウェブのウィング、ドライウィングのインジケータのシンプルなフライ。

実際にはスペントではなく、スティルボーンなんでしょうが、現時点では圧倒的に魚の反応をとっています。前々からスペントって釣れるという気はしていたのですが、今まで使ってきたのは使いづらい、と言うよりズバリ見えにくいので敬遠気味でした。
b0032262_2293967.jpg
それがBFD使い始めてウィングを真横に伸ばすとこれはよく見えるので結構多用していたのですが、これがよく回ってティペットがよれよれになる。

それであれやこれやと試していて、水面にはりついた時の存在感という意味ではやっぱりこのパターンが強いかなぁと思う次第。CDCなんかもよく使われますが、これって水面に乗っかっちゃうんですよね。実際に流れている虫を捕って水に浮かべて下から見比べてみるとずいぶん違う。手持ちの中ではこれが一番近かったです。

まぁ、実際のところは魚じゃないのでわかりませんが、釣り師の側から見ると、使い勝手、釣果から今年のエースパターンになってます。実際には一昨年から巻いていたんだけどなかなか使う機会がなかったんですよね。今年はさんざんいろいろ試せてて、非常に楽しいです。



ゴダイゴ - Try To Wake Up To A Morning
明日は所用で行けないけど、明後日は早起きして行くぞ~
by rionpapa | 2009-03-07 02:45 | Fresh