Radical Angler's Talk

AVW

天気良かったんで最近は水があるキャスティング練習場でキャス練してきました。青空に伸びるラインの写真が撮れたらかっこいいかも? と思ってカメラ片手にキャストしたらキャストはグダグダになるしまともな写真は撮れないし運良く撮れた写真もISOの設定間違えてえらいノイズが乗っちゃっててかなり意気消沈・・・。

しかし、画面で見ると致命的な問題もはっきり見えてしまい、結果的には良かったと思った次第。
b0032262_1156386.jpg
エアベールウェブの紹介をしておきます。
b0032262_11531588.jpg
ちょくちょく雑誌に載ってるフライのマテリアルで見かけてましたけどあんまり流行ってないですよね?
カテゴリ上はダビング材となっています。ダビング材と言いつつご覧の通りシート状になっていて、これをほぐしてダビングするとむちゃくちゃ水をはじいて水中では↓の通り。
b0032262_11532456.jpg
CDCよりも気泡を抱きます。

が、せっかくシートになっているわけだからこれをそのままウィング材として使用するというのもGoodです。
b0032262_11533050.jpg
水面とはこんな絡み方をします。水中に強制的に沈めても気泡を抱いているのでポッコリ再浮上します。
b0032262_11533822.jpg
スピンもこの手のシートウィングの中では少ないし、僕の場合ウィングを水面に絡ませたいメイフライのスペントパターンはほぼ100%これを使っています。あ、同じメーカーのウォーターレジスタントシートっていうのも使うけどこっちはもうちょっと目が詰まってるんですがすでに廃版。クリクリっと捩ると落ちこぼれのイマージャーに早変わりです。使い勝手は極めて良好。

他にはフローティングニンフやイマージャーのウィングに使うのもよくやる手口ですね。
b0032262_1391387.jpg


便利なんですけどね~。なんでもっと流行らないんだろ?
by rionpapa | 2009-02-15 12:16 | Fresh