Radical Angler's Talk

儀式

とりあえず解禁準備のフラグを強制的に立てました。
b0032262_22473399.jpg
まずは物置だかゴミ置き場だかわかんなくなってる机をやっつけで整理。タイイングスペースを確保します。

次に#30~32の極小ミッジを10本、一気に巻いて目を慣らします。が、う~ん、明らかに去年より見えなくなっています^^;;; こりゃ照明もう少し足すかwww

次にニンフを違うパターンで3本ほど。これは、マテリアルやその他の小物がちゃんとあるかを確認するためです。ドライ巻くよりいろいろブツを使うので。なにせ前に巻いたのが去年の4月とかwww
今年は瞬間接着剤とスレッドワックスを調達しなければならないことが判明。

それからフライボックスを取り出して不足している弾を確認します。去年はあんまり釣りに行ってないので特に追加すべきフライはありませんでした。となると、できの悪いフライの入れ替え作業です。巻く人の目じゃなくて、釣り人の目でフライを選別します。

・・・・・ものすごく追加しなければならなくなりました^^;;;

あとは、今年はどんな新しいパターンを試してみようかな~などとタバコ吸いながら考えます。(←今この段階) 去年までの釣りを思い出して、対応しきれなかった状況を反芻します。「あれって実はこういう事じゃなかったのか?」とか、フライ雑誌を取り出して人のパターンを見ては「あ、この機能のフライは持ってないな~、いるかな~?」とか、そんな感じでゆる~い時間を過ごします。実際に巻き始めるのはもうちょっと先w

とりあえず去年間に合わなかったがまのC15-Bはあれこれいじり回してみたいな~と思ってます。去年エクステンドボディーの下側にパラーシュートみたいにハックル巻いたパターンが明らかに反応良かった事があったので。ただ、これを小さいサイズでどう巻くかって事なんですよね。去年からずっと考えてるんですけど。
やっぱりスルーライトはよく考えられてるよな~と思うわけですが、まんま巻くのもおもしろくない(と言いながらすでに何本か巻いてますけど)ので、これをどうアレンジ(改悪?)するか。

な~んて考えていると、結構あっという間に3月は来ます。

さ~て、スイッチ入っちゃったよ~。

さて、最後にいろんなブログでやってることだけど、ちょっと新しい趣向ということで。

大村憲司 - 春がいっぱい 解禁の竹田であまりに天気が良すぎて釣れずにふてくされて地面に寝転がって空を見ている時は、たいていこの曲が頭の中で鳴り響いてますwww
もう亡くなって10年経っちゃいました。最後に見たのはCharと近藤房之助のジョイントコンサートが大分であった時。この時のメンバーはすごかった。昔持っていたLPがどこかいっちゃって、中古のCD買ったんだけど¥5000もした^^;;;
by rionpapa | 2009-01-14 23:12 | Fresh